ジョニー・デップ55歳、苦労して成功 前向きな生き方が超カッコいいと話題に

この記事をシェアする
「人の為じゃなく、自分の為に前に進んでみな?」
「人の為じゃなく、自分の為に前に進んでみな?」

様々な役柄にチャレンジし、出演作がコケて「こりゃ駄作だ」と叩かれる結果になってしまうことも決して少なくない俳優ジョニー・デップ(55)。それでも一向に人気が衰えない彼は、とても前向き。そもそも映画制作を始める前に配給会社、監督、キャスト、ストーリーライン、脚本、予算などを確認し「絶対当たるだろう」「いや、これはコケる」と予めある程度は予測できるというのだが、ジョニーは自分が演じてみたいと思う役を厳選。それが興行的に成功しようがしまいが、彼には「どうでもいいこと」なのである。叩かれても倒れない、気にしているそぶりも見せず常に前向き - そんな生き方を貫いてきたジョニーの名言をご紹介したい。



「前に進む。それに尽きるぜ。誰にどう思われようが、気にする必要なんてゼロ。自分はこれをしなくちゃ - そう思う事を、誰かの為じゃなく自分の為にやってみなってこと。」

人生には山あり谷あり。ジョニーも売れっ子になる前は電話で「ペンはいかが?」と営業する仕事をしていた時期があり、決して最初から「ハリウッドの売れっ子俳優」としてかっ飛ばしてきたワケではないのだ。それでも自分を信じ、前へ前へ。今や知る人ぞ知る人気セレブである。



そんなジョニーは大好きな音楽の世界でも活動中で、バンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ(Hollywood Vampires)」では見事なギター演奏も。また家庭では良いパパで、モデルとして、そして女優としても人気の長女リリー=ローズ・デップや末っ子のお世話も頑張っているのだという。「宿題だけは勘弁して」「でも後はパパに任せろ」「お前達を守るのはパパだ」 - そんなジョニーは、子ども達にとっても愛すべき存在だろう。



ちなみに女優アンバー・ハードとの泥沼の離婚騒動で“DV男”とのレッテルを貼られたことも記憶に新しいが、ジョニーはそれを完全否定。「いつか分かってもらえる日がくる、俺はそんな奴じゃない」という彼の言葉を、きっと子ども達は信じている。

画像:『Instagram』hollywoodvampires

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジョニー・デップ、サウナで脳をやられた? 米メディアが新説を紹介し警鐘も
ジョニー・デップの娘リリー=ローズ・デップ、驚くほど美しく成長
ジョニー・デップ 元妻アンバー・ハードへのDV説を否定「そんな男じゃねえ」
ジョニデ長女 「パパのファッションアドバイスは不要」
ジョニー・デップもキャメロン・ディアスも 高校をドロップアウトしても成功したセレブ達

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan