ジェニファー・アニストン49歳 「テレビをみる時? スッポンポンです」

この記事をシェアする
裸で眠るメリットもあるとは言われているが…。
裸で眠るメリットもあるとは言われているが…。

間もなく50歳、しかし結婚生活が破綻しひとりで暮らしている女優ジェニファー・アニストンは自宅ではとにかくリラックス。そのため夜は全てを脱ぎスッポンポンになり、生まれたままの姿で就寝前のひと時を満喫するのだとか。



このほどジェニファー・アニストンが人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』に登場し、「裸になって何をするのが好き?」という質問を受け「むむむ」。このように答えてホストを驚かせた。

「そうね、テレビをみることよ。変かしら?」



「変」というより「お腹がだるだるで自己嫌悪に陥りそう」という人も決して少なくないはずだが、スリムなジェニファーはスッポンポンが大好きなのだそう。

「ええ、だってこれって夜の話だもの。ベッドに入って、テレビをみるじゃない?」

つまりジェニファーは就寝時はスッポンポンなのだろうが、日光浴をする際にも裸になるのが好きなのだそうだ。また裸で眠ることに関しては「案外健康には良い」という説もあるというが、寒さが厳しい地域では体、とりわけお腹などを冷やさぬよう十分注意が必要であろう。

ちなみに結婚生活は破綻したものの、2人目の夫ジャスティン・セローも「裸が好き!」というタイプだったもよう。結婚前にはふたりにつき「双方ともにパーフェクトボディの持ち主ですからね」「家にいるときはずっと全裸ですよ、それこそ料理中もね」という驚きの証言がジェニファーの友人から飛び出し話題になった。アメリカでは和食も人気があるが、ジェニファーは間違えても天ぷらなどは作らない方が良い。



参照:『Celebretainment』Jennifer Aniston watches TV naked

画像:『Facebook』Horrible Bosses

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
パリス・ヒルトンの弟が半裸で元カノ邸を訪問 接近禁止命令も
ベラ・ハディッドのスケすぎて寒すぎるドレス! 真冬のNYで撮影された写真に衝撃
ベージュ系のレギンスは厳禁! とんでもない後ろ姿になっていた女性たち
キム・カーダシアン セクシー路線爆走するも「家では保守的なんです」
カニエ・ウェスト3児の父 「でも成人映画鑑賞はやめられない」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan