メーガン妃の父が苛立つ 「娘夫妻からは音沙汰なし」

この記事をシェアする
メーガン妃、父とはこのまま絶縁も…? 
メーガン妃、父とはこのまま絶縁も…? 

メーガン妃とヘンリー王子の挙式前から話題になることが多く、挙式前にはメーガン妃の異母姉のアドバイスに従ってパパラッチに連絡した妃の実父トーマス・マークルさん。そしてわざわざ写真を撮らせるという茶番がバレてスキャンダルとなり、これにはさすがにメーガン妃、またヘンリー王子ともにあきれ返ったと言われている。そのトーマスさんがこのほど取材に応じ、娘夫妻から一切連絡がないと明かした。



メーガン妃とヘンリー王子の挙式を前に、たびたびメディアの報道ネタとなり“王室の悩みの種”と言われたトーマス・マークルさん。それもありすっかりメーガン妃とは疎遠になり、妃の妊娠も直接は報告されなかったのだそう。それでも娘との関係修復を期待してか、トーマスさんはメーガン妃の妊娠につきこう語っていた。

「(娘が妊娠したというニュースを聞き)愛、喜び、そして幸せで胸がいっぱいになりましたよ。」

「赤ちゃんがお腹に宿るとは、なんと素晴らしいことでしょう。(赤ちゃんの性別は分かりませんが)リトル・メーガン、またはリトル・ヘンリーに会う日を楽しみにしています。

ちなみにメーガン妃の妊娠については、車中でラジオ番組をきいていて知ったとのこと。その後も相変わらず連絡はないらしく、このほど『The Mail on Sunday』の取材に応じこう述べている。



「何をしようが、反応なしです。」

メーガン妃に対し連絡は試みているというのだが、電話をかけても出てさえもらえないのだとか。このような経緯につきトーマスさんは「傷ついています」と告白。またこのまま引き下がる気もないもようで、「私も黙ってはいませんよ」とも話している。

「私と話してくれれば状況も変わるでしょうに。」

「娘をとても愛しています。娘夫妻に可愛くて元気な赤ちゃんが産まれるよう願っています。そして幸せな人生を送ってほしい。」

「ですがもう何十回もテキストメッセージや手紙を送っているのです。なのに娘とヘンリー王子はだんまりのままですよ。」



今後も真実を公表していくというトーマスさんは、娘夫妻がもはや自分との接触を望んでいないこと、そしてそのような場合は強く接触を求められるほど逃げたくなるものだと知った方が良いのかもしれない。

参照:『E!News』Thomas Markle Says Meghan Markle and Prince Harry Have Put Up a “Wall of Silence”

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
メーガン妃の“お騒がせ父”、ラジオで知った妃の妊娠につきコメント
メーガン妃の父 ヘンリー王子との電話でキレる 「俺なんか死んだ方が…」
メーガン妃 実はエメラルドのティアラをつけたかった? 挙式前に女王が拒否か
メーガン妃ってどんな人? アメリカから英王室に嫁いだ妃の素顔

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan