ジェニファー・アニストン 「50歳誕生日を祝うわ」「バツ2? 良い結婚生活だった」

この記事をシェアする
『フレンズ』で大ブレーク、第一線で頑張ってきたジェニファー。
『フレンズ』で大ブレーク、第一線で頑張ってきたジェニファー。

ドラマ『フレンズ』への出演により人気を不動のものにした女優ジェニファー・アニストンが、約2か月後(2月11日)に50歳の誕生日を迎える。しかし2017年には2人目の夫とも破局 - 寄り添う相手のいない彼女は今、どのような心境なのか。



ジェニファー・アニストンは強い。ブラッド・ピットとの結婚は事実上アンジェリーナ・ジョリーに夫を奪われる形で終わりを迎えたが、公の場で取り乱す、暴言を吐く、悪口をばらまくこともせずにじっと耐えた。また二人目の夫ジャスティン・セローとの結婚も破綻し熟年にしてひとりになってしまったが、貪欲に男性を求めることもなければ人に白い目で見られる行動もなし - だからこそジェニファーの人気は今もなお高いのだろう。

そのジェニファーが2度の結婚・結婚破綻を回顧し、『ELLE』誌にこう語った。

「私の結婚は、すごくうまく行っていたと思うのよ。自分の意見ではね。」

「私は(元夫たちと)幸せになるべく選択をした。それが結婚生活を終えることだったのよ。結婚=幸せとは限らないもの。」



「不安があるからという理由で望まぬ状況にとどまったりしない」とも述べたジェニファーは、「頑張ってもうまくいかない - だからってそれが失敗だなんてことはないわ」ともコメントしている。

また間もなく50歳になるジェニファーだが、「子ども・夫のいない誕生日は寂しいのでは?」という心配は無用のもよう。ジェニファーは『HELLO!』誌にこう話しているのだ。

(次のページへ)