ジェニファー・アニストン49歳、結婚破綻も「いつか私も母になるかも」

この記事をシェアする
ジェニファー・アニストン「母になる日が来るかも」
ジェニファー・アニストン「母になる日が来るかも」

『フレンズ』で人気を博したジェニファー・アニストンは、現在49歳。ジャスティン・セロー(47)との結婚も破綻し現在はシングルなのだが、今後何らかの方法で母になる可能性はまだ排除していないという。



このほどジェニファー・アニストンが『Elle』の取材に応じ、シングルではあるものの子どもを持つ可能性は排除していないとして、こう語った。



「誰にも分からないことよ。子どもを持つか。そしてパートナーができるかなんて。どのような方法で子どもに恵まれるのか、もしくは恵まれないのかも分かりっこないわ。」

「それに今は科学だって進歩しているわ。そして奇跡だって起こるものよ。昔とは違うの。かつてとは違うタイミングで色々なことができる時代なのよ。」



科学とはおそらく不妊治療のこと、また奇跡とはすでに50代が目前に迫るジェニファー本人の妊娠、または「この子だ!」と運命を感じられる養子との出会いを意味しているのだろう。ジャスティン・セローとも実は子作りには挑戦し「母になりたがっていた」とされるジェニファーだけに、今後もしかすると何らかの方法で夢を実現させたいと考えているのかもしれない。

ちなみに最近最も話題になったのはシルヴェスター・スタローン(72)の元妻ブリジット・ニールセン(55)の出産で、こちらは今年5人目の夫との間にできた娘を出産。5人目にして初の娘となる赤ちゃんのお世話を楽しんでいるという。

確かに時代は変わったのだ。体力的には50代の妊娠・出産は厳しいであろうが、人気セレブのジェニファーであればナニーを複数雇用し世話の補助を依頼することも簡単であろう。またいつか素敵なお相手を見つけ、どうか再び幸せになっていただきたい。

参照:『InStyle』Jennifer Aniston Isn’t Ruling Out Kids

画像:『Facebook』Office Christmas Party

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
英王室が困惑 “キャサリン妃vsメーガン妃”確執の噂についに言及
ニコール・キッドマン、トムともうけた養子のサイエントロジー信仰に言及
キム・キャトラル&サラ・ジェシカ・パーカーの不仲騒動、『SATC』の待遇差が一因か
パリス・ヒルトン&キム・カーダシアン かつて不仲だった理由のひとつはパリスの暴言
パリス・ヒルトンの弟が半裸で元カノ邸を訪問 接近禁止命令も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan