エヴァ・ロンゴリア 妊娠・出産で激太りと叩かれるも「これで良い」で好感度UP

この記事をシェアする
「プレッシャーは感じない」とエヴァ。
「プレッシャーは感じない」とエヴァ。

2016年に3度目の結婚に踏み切り、今年夏には待望の赤ちゃんを出産した女優エヴァ・ロンゴリア(43)。妊娠中には体調も良かったのかずいぶん体重が増えたようで、産後はハッピーなママの表情と共にずいぶん変わってしまった体型も話題になった。そのエヴァがこのほど取材に応じ、「妊娠中に増えた体重?」「落とさなきゃ、なんてプレッシャーは感じていない」と語った。



出産後、あっという間に体重を元に戻し「おお、経産婦さんなのにまったくたるんでいない!」と世間を驚かせるセレブは多い。しかしエヴァ・ロンゴリアは、愛する夫の子を出産後に「デブ!」と批判されても完全にスルー。必要以上に太ってみえる写真を意地の悪いメディアに掲載されたものの、妊娠前に痩せていたため少々太った姿が目立っただけで、「激太り」などと叩かれるほどの“肥満体”ではそもそもなかったのだ。



そのエヴァがこのほど米『PEOPLE』の取材に応じ、「プレッシャーなんかに私は負けないわ」とコメント。さらにこうも語ったという。

「もし『急いで体重を落とさなきゃ』なんて言われていたとしても、知らないわよ。そんな話には耳を傾けないし。」

「私の家系の女性達は強いわ。(そんな批判を聞いたって)自尊心を失ったりしない。」

赤ちゃんを抱き幸せそう!
赤ちゃんを抱き幸せそう!

それでも女優という仕事もあり、ダイエットはしているのだそう。



赤ちゃんを産む時期、腹囲は100センチ超になることもある。そこまで伸びた皮が、産んだ瞬間に元に戻るわけがない。また妊娠中、特に妊娠後期にはアクティブに動くことも難しい。そして命をかけて赤ちゃんを産むのだから、体に無理のかかるダイエットは避けたほうが無難であろう。それに赤ちゃんがアチコチ動きまわるようになれば、お世話をするママも自然と体重が落ちる場合が多いのだ。

参照:『Celebretainment』Eva Longoria has strong self-worth

画像:『Instagram』evalongoria

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ケイト・ハドソン、激ヤセを経て産後ボディを披露 ダイエット宣言も
ジャレッド・レトが超イケメン でも役作りとあらば激太りも激ヤセも!
アレック・ボールドウィンの妻(34)、産後のすごい痩せっぷり公開で物議
食欲の秋だからこそ知りたい! セレブ御用達トレーナーらおススメのダイエット法
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan