王室の人達の笑激発言 険しい表情が多い女王も案外ひょうきんだった! 

この記事をシェアする
真面目な王室の人達も、時には冗談で大爆笑。
真面目な王室の人達も、時には冗談で大爆笑。

長い伝統を誇る英王室の人々は、どこに行ってもとても立派。しかし最近はより人々に親しまれる明るいイメージもあり、人気は高まるばかりだ。そんな王室の人気者達がかつて思わず言ってしまった意外なアレコレを、いくつかまとめてご紹介したい。



■ エリザベス女王

派手な服が多い女王。
派手な服が多い女王。

ド派手な服が多い女王は、過去に「私がベージュの服なんて着用したら、誰にも私が何者だか分からないじゃないの」と発言。しかし鮮やかで目立つ色を敢えて選ぶのは、自分を一目見ようと集まる人々が「あ~見えなかった」とガッカリしないよう気遣ってのことだと言われている。そんな女王は過去に「どうして宮殿内でもバッグを持ち歩かれるのですか」と問われ、「この家、ものすごく大きいんですのよ、お分かり?」と真顔で答えてしまったこともある。



■ チャールズ皇太子

意外に陽気なチャールズ皇太子
意外に陽気なチャールズ皇太子

孫ができた感想を問われ「大変幸せです」と神妙な面持ちで答えた皇太子。その後「もっと嬉しいのは、いつでも孫を息子夫妻に返せるという点です」と述べ、“いいとこどり祖父ちゃんだ”と王室ファンを笑わせた。また自身の育ちについては「猿のようにアレコレ学んだのです、親の姿をみてね」とコメントしたこともある。

■ キャサリン妃

夫の頭が気になるキャサリン妃。
夫の頭が気になるキャサリン妃。

ある行事に遅れてしまったキャサリン妃は、夫ウィリアム王子のせいにしようと咄嗟に決断。「夫が髪の手入れに手間取りまして」と夫のスカスカ頭をネタにし場を和ませた。



■ ウィリアム王子

女王を支え、家庭では良き父で優しいパパでもあるウィリアム王子。
女王を支え、家庭では良き夫&優しいパパのウィリアム王子。

スリム体型が印象的な王子も負けてはおらず、「僕が痩せているワケ? それは妻の料理のせいです」とキャサリン妃の料理がマズいことを示唆して笑いを取った。(しかしキャサリン妃は本当は料理が上手らしく、ローストチキンなどは絶品だとか!)

■ ヘンリー王子

優しい笑顔が素敵なヘンリー王子。
優しい笑顔が素敵なヘンリー王子。

子ども時代を回顧し、「最悪だったのはディナータイムだったね。つまんねえ大人の会話を聞くのが苦痛で…」とうっかりもらしてしまった。

■ エディンバラ公フィリップ王配

豪快なエディンバラ公(右端)。
豪快なエディンバラ公(右端)。

「どの銘柄のビールがよろしいでしょう」と問われ、「どんなんでも構わん、ワシにビールを持ってこんかい!」と思わず苛立ちを露わにしたことがある。また「ワシは家庭料理なんか知らん。高級なものしか知らんのだよ」と語ったことも。

今年ヘンリー王子と結婚したメーガン妃は、まだまだ緊張感もあってか失言・オモシロ発言はなし。しかし冗談が大好きなヘンリー王子と笑っている姿をよく確認されていることから、いつかはプッと噴出してしまうようなメーガン妃の発言もご紹介できるかもしれない。ちなみに夫をネタにしてでも笑いをとるのが好きなキャサリン妃だが、妃がウィリアム王子の頭髪をネタにするたびに王子の毛根は弱っていくようだ。

画像:『Instagram』theroyalfamily

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃、チャールズ皇太子に贈られた結婚祝いの品を愛用
キャサリン妃が優しい 白血病の少年を手紙で励ましたことも
カミラ夫人を、ウィリアム王子とヘンリー王子は高評価 世間の誤解は解けるか
ヘンリー王子 母を亡くした6歳児に「僕をごらん、君も大丈夫」
エリザベス女王92歳の面白い事実を厳選 TOP 10を一挙ご紹介

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする