<元外資系CAその世界を語る>Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

この記事をシェアする
有名なドバイのブルジュ・カリファ(Photo by 佐藤めぐみ)
有名なドバイのブルジュ・カリファ(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

イスラム教徒の国に暮らす人々の朝は、「お祈りの時間ですよ」と呼びかける“アザーン”の歌が町内放送のごとく大きな音量で流れることからスタートします。一方、CAは昼夜を問わない不規則な生活をしている上、ムスリムではないので「ゆっくりと寝かせてよ~~」という感じです。ちなみに宗教の勧誘を受けることは決してありません。見るからに私たちはよそ者、相手にもされていないのでしょうね。アラブの国に暮らす上で気を付けたこと、意外にも便利だったことをご紹介します。



■黄砂に気をつけて!

砂漠の豪快なドライブ「デザート・サファリ」は楽しいのですが…(Photo by 佐藤めぐみ)
砂漠の豪快なドライブ「デザート・サファリ」は楽しいのですが…(Photo by 佐藤めぐみ)

強風が砂漠を巻き上げる中東で気をつけなければならないのは、肺炎のような呼吸器系の疾患やアレルギーの疾患を招きかねない「砂塵」です。寮の部屋の窓は1年中常に閉めっぱなしにしますが、それでも換気扇やエアコンの隙間から砂ぼこりが微粒子になって室内に入ってきます。掃除をしてから4日間のフライトに出かけても、家に戻ればデスクやキッチンテーブルにうっすらと…これには毎度ガッカリさせられました。中東での生活にはマスクの着用が必要だったように感じられます。

■リッチなショッピングやレストラン

私が住んでいたところには巨大なショッピングセンターがいくつかあり、これからもどんどん増えていくことでしょう。モール内に水族館があったり、ベネチア風のゴンドラがあって、実際にモール内の運河をボートでこいでくれたり、アイススケートや小さな遊園地もあります。モール内にあるレストランの物価は日本とあまり変わりません。例えばマックのセットは500~600円で、イタリアン、タイ、日本食、カフェ、どこで食事をしても最低1,000円はします。ただしウェイトレスの態度やお店の雰囲気はよく、客層もちょっとリッチ。ヨーロッパ系の駐在員さんやその家族がとても多いので1人で食事していても全く安心です。

ちなみに街中の安い食堂は味が美味しく、1人500円以下で食事ができるそうです。ところが店構えは古く衛生面もおそらく怪しいため、クルーの女の子同士で行くという話もあまり聞きませんでした。



■日常の食品や日用品の買い物

世界展開の有名スーパーマーケットチェーン「Carrefour(カルフール)」がありました。どの大型ショッピングモールにも、必ずお手頃な値段のスーパーマーケットが併設されているのです。必要な食材や調味料は全てそうしたお店で揃います。生肉や鮮魚も売っており、野菜はキャベツ一玉150円程度。高いと感じたことはありませんでした。ただしイスラム教の国ですから、豚肉、そして豚肉エキスなどを原料に使った調味料やスープなどは売られていません。禁じられると人間はむしろそれへの欲求を強く意識するようになるのでしょう。それまではどうでも良かった豚肉がとてつもなく食べたくなってしまったのは予想外でした。豚肉中毒になったかと思うくらい、フライトでイスラム圏の外にステイできる日は必ず豚肉料理をオーダーし、日本線では毎回のようにトンカツと豚の生姜焼きを食べたものです。

(次のページへ)