キム・カーダシアン ブロードウェイでエチケット違反を責められたカニエにつき釈明

この記事をシェアする
キム・カーダシアン、夫の行動を釈明。
キム・カーダシアン、夫の行動を釈明。

先日、妻キム・カーダシアンと共にブロードウェイの舞台を観に行ったカニエ・ウェスト。しかしそこでの態度に問題があったことを関係者より批判され、このほどキムが夫の行動につき釈明・謝罪し話題となっている。



先日、ブロードウェイにて『The Cher Show』なる舞台がスタート。それを鑑賞しに行ったカニエ・ウェストとキム・カーダシアン夫妻だが、カニエの態度は関係者からすると目に余るものだったもよう。さっそく役者のひとりが「エチケットがなっていない」とカニエを批判 - その日のカニエは舞台の最中に電話をいじってばかりだったといい、それがこのショーのために準備を進めてきた人々にとっては「失礼極まりない行為」と捉えられたようだ。



この件につきキム・カーダシアンが『E!News』記者の取材に応じ、このように語った。

「彼もすごく反省しているの。」

「でも実はね、彼は(スマホを弄っていたんじゃなくて)メモを取っていたのよ。素晴らしいショーだったからよ。」

「自分でも、すぐに(エチケット違反だと気づいて)こう言っていたわ。『ああ、なんてこった。ツイートしておかなくちゃ。謝罪しなければ。弁解なんてできない。無礼だし、俺にはエチケットってものが必要だ』って。」



またカニエはその後ツイートし、「失礼をお許しください」と謝罪。ショーは実に素晴らしいものだったとも書き込んだ。悪気はなくとも相手に不快な思いをさせたとして謝罪した点は、ショー関係者もそれなりに評価したのではないだろうか。謝罪もできぬ大人が多いなかカニエが非をしっかりと認めた点は潔く、キムともうけた子ども達に対しても「人を傷つけたらゴメンナサイと言う」という基本的なマナーを示せたはずだ。

参照:『E!News』Kim Kardashian Says Kanye West “Felt Like S–t” for “Rude” Behavior at Broadway Show

画像:『Instagram』kimkardashian

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
アーノルド・シュワルツェネッガー「度が過ぎました」とセクハラ行為を改めて謝罪
機内誌の「ドリュー・バリモア/インタビュー記事」ニセ物疑惑でエジプト航空が謝罪
リンジー・ローハン謝罪 セクハラ撲滅運動に絡めたコメントで物議
ヘイリー・ボールドウィン、セレーナファンのインスタをうっかりフォロー
<アイルランド>サッカーチームが元選手につき「交通事故死」と誤報で謝罪

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan