英王室が困惑 “キャサリン妃vsメーガン妃”確執の噂についに言及

この記事をシェアする
確執を噂されているウィリアム王子夫妻&ヘンリー王子夫妻
確執を噂されているウィリアム王子夫妻&ヘンリー王子夫妻

ウィリアム王子&キャサリン妃、この夫妻にヘンリー王子&メーガン妃が加わって4人での活動が多くなると見られていたが、意外にも別行動が目立つせいか「兄弟の関係に微妙な変化が生じている」「キャサリン妃とメーガン妃が不仲なのでは」「それどころか大喧嘩したらしい」という想像していた通りの“噂”が次々と浮上、それに多くのメディアが飛びつき王室を非常に困らせている。



そしてついには『The Sun』が“ある情報筋”から得たインフォメーションであるとして、「キャサリン妃とメーガン妃の間で激しい口論があった」「キャサリン妃のスタッフをメーガン妃が批判したことにキャサリン妃が苦言を呈した」と報じたのだ。

またメーガン妃が自身の挙式でシャーロット王女に着せるドレスにあれこれと注文をつけ、キャサリン妃がストレスをためついには涙を流したという報道も。さらにはウィリアム王子とヘンリー王子の仕事についても方向性が変わりつつあること、またヘンリー王子夫妻が宮殿から引越しを決めたことなどもあって、「兄弟が不仲になった」という説も浮上している。



そんな中、ケンジントン宮殿側は「キャサリン妃とメーガン妃の間で口論など起きてはいません」と喧嘩報道を一蹴。兄弟の関係などについてはコメントはしていないもようだが、兄弟が同じチャリティに揃って参加・協力してばかりという状態が永続すると考えることに、そもそも無理があるのだ。

また仮に口論があったとしても、それが“大喧嘩”と呼ぶに値するものかは甚だ疑問である。そもそもキャサリン妃とメーガン妃は育ちもタイプもずいぶん違うため、夫同士が兄弟だからといって本当の姉妹のような関係になるとは限らない。また本当に情報を良く知る関係者であれば、“外部の人間”になるまで喋らない、もしくは外部の人間になっても秘密をもらさないもので、また王室メンバーが人前で大喧嘩するとは極めて考えにくい。



カミラ夫人に関する「王室で浮いた存在であり居場所がない」とするトンデモないデマに続き、「メーガン妃とキャサリン妃の関係が非常に悪いという噂が出るだろう」ということは英国王室に詳しい人であれば予想はついたのである。2夫妻揃っての公務やチャリティが見られれば嬉しい - それは理解できるにしても、家庭を持てば自分の家族がメインになるのは当然のことであろう。メーガン妃が「兄夫婦と一緒ではなく自分達だけで行動する方が楽」と思っていても、自分に置き換えて考えてみれば「ごく自然」とすぐに理解できるのである。よって「この情報をもらせば英国に出入りができなくなる」などと豪語している個人やメディアは、「デタラメを鵜呑みにしているだけ」と理解してほぼ間違いない。

参照:『E!News』Kensington Palace Breaks Silence After Kate Middleton and Meghan Markle Feud Rumors: Report

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
エリザベス女王92歳の面白い事実を厳選 TOP 10を一挙ご紹介
カミラ夫人を、ウィリアム王子とヘンリー王子は高評価 世間の誤解は解けるか
キャサリン妃のあまり知られていない事実10選 頭には手術痕も
ウィリアム王子、子ども達に「ダディ」と呼ばれず 王室メンバー達の意外な呼び名とは?

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする