ジョージ王子&シャーロット王女 キャサリン妃実家でのクリスマスシーズンのお楽しみは? 

この記事をシェアする
お姉ちゃんデビューを果たしたシャーロット王女、クリスマスのお楽しみは? 
お姉ちゃんデビューを果たしたシャーロット王女、クリスマスのお楽しみは? 

すでに12月、世界中の子ども達がクリスマスを楽しみにする中、多くのおじいちゃん、おばあちゃん、パパ、そしてママ達は、子ども達が素敵なホリデーを迎えられるようにと準備に追われている。ウィリアム王子の妻キャサリン妃の母も、「孫達が楽しく夢あふれるクリスマスを迎えられるように」と準備を進めているもようだ。



このほどキャサリン妃の母キャロル・ミドルトンさんが『The Telegraph』の取材に応じ、自宅に複数のクリスマスツリーを飾るのが好きだと告白。しかも孫達の部屋それぞれに1本ずつツリーを用意するとして、その理由をこう語っている。

「子ども達が、自分用のツリーに(好きなように)飾り付けができるようにするためですよ。」

しかし今回はキャサリン妃とウィリアム王子については語らず、その理由については「何年もかけてよく分かったんです。何も言わない方が賢明なのだとね」と明かしている。

プレゼントの包みをベリベリにしませんように…。
プレゼントの包みをベリベリにしませんように…。

ちなみにこの可愛い兄妹だが、タイプはずいぶん違うのだそう。兄ジョージ王子はヤンチャな坊やで、温厚な父も思わず「ちっこい猿のような子なんです」と言ってしまうほど。過去には「イカン!」と制止する間もなくクリスマスツリーの下に重ねてあったプレゼントの山に突進、綺麗にラッピングしてあったプレゼントの包装紙をベリベリに破いたほか、キッチンでキャサリン妃と楽しくお菓子を焼くはずが、材料を手にとり「そりゃあ」とまき散らしてしまったりもしたという。



一方シャーロット王女は幼いながらもスペイン語まで話せるといい、性格については「とても優しく自信にも溢れており、周囲に対しては非常に礼儀正しいエンジェルのような子ども」と言われている。

きゃっきゃと騒ぐジョージ王子、そんな兄をちょっと冷めた目で見るシャーロット王女の姿が目に浮かぶようだ。末っ子のルイ王子は今年生まれたばかり、こちらはどのようなタイプの子どもになるであろうか。愛情と責任感をもち育児に励んでいる両親をしっかり見ている子ども達だけに、どの子もきっと優しく人の気持ちが分かる大人に成長することだろう。

参照:『E!News』Aw! Prince George and Princess Charlotte Have the Cutest Christmas Tradition

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
エリザベス女王92歳の面白い事実を厳選 TOP 10を一挙ご紹介
英王室が困惑 “キャサリン妃vsメーガン妃”確執の噂についに言及
ジョージ王子、ダンスを習う 「母と同じ」と言うウィリアム王子には苦い過去
キャサリン妃、14年愛用しているブーツで公務 庶民的な妃に国民から「ナイス」の声
チャールズ皇太子70歳誕生日の記念写真 キャサリン妃第3子の姿も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする