NY市警お手柄 プロポーズ寸前に手が滑った男性、婚約指輪は深さ2.5mの側溝に!

この記事をシェアする
「NYPDの皆さん、愛してます」とカップルからもお礼のメッセージが
「NYPDの皆さん、愛してます」とカップルからもお礼のメッセージが

プロポーズするなら、「マンハッタンのタイムズスクエアでカッコ良くキメよう」と張り切っていた男性。しかし、いざという所で彼は予想しなかったミスを犯してしまった。この日のために購入していた高価な婚約指輪が転がり落ち、排水ドレーン、つまり側溝に入ってしまったという。そのアクシデントを知ったニューヨーク市警は…!?



マンハッタン・タイムズスクエアにあるイタリアンレストラン「2 Time Square」前で先月30日、その日を最高に素晴らしい1日とするはずであったあるカップルに、最悪なアクシデントが起きた。大事な婚約指輪が側溝に転がり落ちてしまったのだ。側溝の深さは2.5メートル弱。金属の側溝蓋は人の力で動かせるほど軽いものではない。

男性は腹ばいになって暗く深い側溝の底を覗き込み、指輪のことは諦めざるを得ないと判断。カップルはがっくりとうなだれながら現場を後にしていた。この気の毒な情報を把握したニューヨーク市警は緊急サービス隊(NYPD Emergency Services Unit)を出動させ、翌日の朝、彼らはやっと指輪を見つけることに成功した。

ところが、市警はその後のカップルの行方がつかめなかった。Twitterを通じて市民に広く情報提供を呼び掛けたことが功を奏し、ついにわかった2人の連絡先。なんと彼らはニューヨーク市民でもアメリカ人でもなかった。それでも親切な市警は指輪をすぐに彼らの元に郵送してあげたそうだ。



参照:『abc7 EYEWITNESS NEWS』NYPD finds mystery couple who lost engagement ring in Times Square utility grate 

画像および動画:『Twitter』NYPD NEWS @NYPDnews

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
NYの同性愛カップルUber車から引きずり降ろされる 後部座席でのハグに運転手が激怒 
レディー・ガガ、婚約指輪はピンクダイヤかピンクサファイアか 価格は3千万円~1億円超?
パリス・ヒルトン&クリス・ジルカ 2億円超の婚約指輪を巡って泥沼か? 
パリス・ヒルトン&クリス・ジルカ、婚約から10か月で破局か パリスの心の闇とは?
マライア・キャリーに35カラットのダイヤ贈った大富豪 「婚約後に鬱状態に」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan