<中国>指名手配犯ポスターに「超カワイイ」 ネチズン炎上で容疑者やむなく出頭

この記事をシェアする
指名手配ポスターが話題になるほどの美人は犯罪には不向き!?
指名手配写真が話題になるほどの美人は犯罪には不向き!?

中国・四川省綿陽市で11月20日、警察が「酔っ払いから金をくすねる常習犯であった」として、公開していた若い女の容疑者の指名手配写真。驚くほどの美人であったために彼女は一躍インターネット上の有名人に。それが災いし、本人も逃亡を断念したもようだ。



7人からなる窃盗集団の一員であったQingchen Jingjingというその容疑者は、バー、クラブ、カフェといったお店で酔っぱらっている客を見つけては思わせぶりな態度で近づき、隙を見てお金をくすねていた。被害者からの訴えで捜査が始まりすぐにメンバー2人が逮捕され、逃亡している面々について指名手配写真が公開された。

これを受けて微博(ウェイボー/weibo)ではここ一週間ほど、ネチズンたちが「こんな可愛い顔をして犯罪者だって」「中国いち美人な容疑者だ」と大騒ぎ。まだ19歳だというその容疑者があまりにも綺麗な顔立ちをしているため、大きな注目を集めてしまったのだ。ところがこれにより困った状況に追い込まれたのは本人。逃げきれないと観念したのか、Qingchen容疑者は自ら28日午前に警察に出頭した。

逃亡中に捕まるのと自ら出頭するのとでは量刑にも差が出てくるため、これは正しい判断であったと言えよう。ネチズンは「刑務所から出てきたら動画配信で生きていくべきだね」と、その外見を生かした第2の稼ぎ方を彼女に勧めたいもよう。キワモノ扱いでかまわなければ、「可愛いけれどヤバイ女」という開き直った触れ込みで芸能界、特にバラエティ番組に需要があるのではないだろうか。



参照および画像引用:『shanghaiist』China’s hottest criminal turns herself in to police after her face goes viral across the country

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
窃盗犯公開写真にそっくり過ぎた『フレンズ』ロス役俳優 悪ノリ動画がバカ受け
<米>“ドッペルゲンガー”誤認逮捕から17年 冤罪確定の男性が州に1億円超の損害賠償請求
ジャン=クロード・ヴァン・ダムの息子、ナイフを友人につきつけ保護観察処分へ
全米震撼! 10歳女児が赤ちゃんを殺害 家族経営のデイケアで「泣かれてパニックに」
「なんでケチャップくれないのよ!」 加州マックで女が店長に襲いかかる 
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan