シルヴェスター・スタローンのロッキーは本当に見納めへ? ファンから悲しみの声も

この記事をシェアする
“ロッキー・バルボア”にはもう会えなくなるのか…? 
“ロッキー・バルボア”にはもう会えなくなるのか…? 

大ヒット映画『ロッキー』シリーズに続き、『クリード チャンプを継ぐ男』、さらにはその続編となる『クリード 炎の宿敵』にも“ロッキー・バルボア”として登場している俳優シルヴェスター・スタローン(72)。そのスタローンがこのほどインスタグラムを更新、その中で長いあいだシリーズを応援してきたファンにお礼を伝えると共に、「全てのものには終わりがある」「ロッキーはこれからも皆さんの心の中で生き続けるのです」と‟お別れ”に限りなく近いメッセージを書き込んだ。



このほどシルヴェスター・スタローンがインスタグラムに動画をアップ。そこに以下のような書き込みを添えた。

「世界中の皆さんに、感謝の気持ちを伝えたいのです。ロッキー・ファミリーを、40年ものあいだ心にとどめてくださったのですから。この役をクリエイトし演じることは、この上なく名誉なことでした。でも辛いことではありますが、悲しいことに全てのものに終わりがあるのです。」

「親切で寛大な皆さんを、僕は愛しています。そして何より最高なのは、ロッキーは決して死なないということです。なぜならロッキーは皆さんの心の中で生き続けるのですから。」



このメッセージが書き込まれたことから、「これでロッキーを演じるスタローンは見納めか」と複数の大手メディアが報道。ファンからは以下のようなコメントが多数書き込まれている。

「ロッキーというキャラクターを、恋しく思うでしょう。」

「あなたはレジェンドです。」

「ロッキーは永遠に心の中にいます。」



若き日のスタローン。
若き日のスタローン。

これまで公開となった『ロッキー』シリーズと『クリード チャンプを継ぐ男』は全てDVDで鑑賞したが、どれも素晴らしい出来であった。もし『クリード 炎の宿敵』を最後にロッキー・バルボアがもう見られないのだとしたら、実に悲しいことである。なお『クリード 炎の宿敵』は日本では来年1月11日に公開予定とのことである。

参照:『toofab』Sylvester Stallone Says ‘Creed II’ Is Likely His ‘Last’ Round as Rocky Balboa

参照および画像引用:『Instagram』officialslystallone

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナ・ゴメス、体型に関し「自信がなくなることは当然ある」 今の気になる体調は…?
キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ
ポール・ウォーカーは本当に美しい男…今月30日であの突然の悲劇からまる5年
ウィル・スミスの息子 女性用衣類の着用に続き男性ラッパーを「俺の彼氏」と宣言
マイケル・ダグラスの家系に依存症傾向 「子ども達への遺伝が心配でたまらず」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan