セレーナ・ゴメス、体型に関し「自信がなくなることは当然ある」 今の気になる体調は…? 

この記事をシェアする
今のセレーナはどのように過ごしているのか…。
今のセレーナはどのように過ごしているのか…。

腎臓の機能低下が著しく「移植待機患者リスト」に名前が載り涙したというセレーナ・ゴメス。そのセレーナが苦悩する姿を見て「私がドナーになれるか検査を受けるわ」と申し出たのが親友で、たまたまマッチする健康な腎臓と判明したことでセレーナは新しい腎臓を得て体調は順調に回復したと言われていた。しかし今年に入り白血球の値に異常が出始め入院する事態に。それが続いたことで精神的なバランスを崩しメンタルケアを受ける施設に移るしかなかったというセレーナが、自身のボディイメージにつき語っていたことが分かった。



「PUMA」との新アクティブウェアコレクションが話題のセレーナ・ゴメスが、『ELLE』のインタビューでこう語っていたことが分かった。

「私、(自分のボディイメージにつき)時々本当に不安になってしまうの。妙な感じよ、良い時もあれば悪い時もある。」
「私のアシスタントは毎日運動用の服を着ているの。ワークアウトはしないのに。でも彼女はそういう格好がお気に入りなの。自分の気持ちを大事にしているし、ワークアウト用の服の着こなしも気に入ってる。みんなにもそうしてもらえたらと思う。」



‟強さ”に関するメッセージをコレクションに込めたというセレーナだが、これがケア施設を退所後に行われたインタビューなのかなど、実際のところ不明である。

ちなみに腎臓移植後の注意点は意外に多く、生活のリズムを整えること、食事内容に気を配ること等は欠かせないという。また慢性拒絶反応が起きていないかなど術後の経過もしっかりみておく必要があるといい、セレーナも今はとても大事な時期と言えそうだ。腎臓は移植しても生涯正常に機能するとは限らないというから、セレーナにはストレスのない穏やかで安定した暮らし、無理のない生活を一番に考えてほしいと願うばかりだ。

参照:『METRO』Selena Gomez gets real about her body image and admits she ‘f**ks up all the time’

画像:『Instagram』puma

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナ・ゴメスが病気と精神的問題に苦しむなか、ジャスティンは罪悪感に苛まれるように
ヘイリー・ボールドウィンの本音 「ジャスティン、なぜセレーナの事を気にするの?」
セレーナ・ゴメス、白血球の数値低下に動転 精神病院で治療中と報じられる
デミ・ロヴァート、セレーナ・ゴメスのSNSフォローを解除 かつては絶交していたことも
セレーナ・ゴメス、ファーストキスの年齢は12歳 あまり知られていない事実10選

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan