キャサリン妃&メーガン妃 不仲説浮上もキャサリン妃は気にする様子ゼロ

この記事をシェアする
キャサリン妃「メーガン妃の出産が楽しみです。」
キャサリン妃「メーガン妃の出産が楽しみです。」

最近どういうわけか「不仲なのでは」という噂が浮上しているキャサリン妃とメーガン妃だが、このほどキャサリン妃がメーガン妃の妊娠に言及。自身の子ども達にもイトコができると、大変嬉しそうに話した。



このほど、ウィリアム王子とキャサリン妃がレスターを訪問。キングパワー・スタジアム付近にて墜落したヘリコプターに乗っており死去したプロサッカークラブ、レスター・シティのビチャイ・スリバッダナプラバ会長ら犠牲者の死を悼んだ。

その際、キャサリン妃は現地の人々に求められ握手をし言葉を交わす場面も。そこでヘンリー王子の妻メーガン妃の妊娠につき「嬉しくお思いですか」と問われ、こう返している。

「ええ、もちろんです。小さい子ども達がいるのは、とても特別な期間なのです。それにジョージ、シャーロット、ルイにイトコができるのです!とってもスペシャルなことですよ。」

キャサリン妃との不仲を噂されたメーガン妃(左)。
キャサリン妃との不仲を噂されたメーガン妃(左)。



キャサリン妃とメーガン妃は育ちも性格もずいぶん違うと言われているが、ヘンリー王子が結婚を決意した際キャサリン妃はメーガン妃の王室入りを大歓迎したと言われている。またメーガン妃もそんなキャサリン妃を「素晴らしい方です」と話しているほか、ふたりでの外出、また夫たちを含めての外出も頻繁に楽しんできたのだ。

しかしヘンリー王子とメーガン妃がウィンザーへの引っ越しを決意 - それによりウィリアム王子夫妻との関係に亀裂が入ったと憶測し報じているメディアがあるのだが、『E!News』は「それはない」と報道。「今後もオフィスはケンジントン宮殿に維持していく」「引越しは(来年生まれる赤ちゃんの)育児のためで、ウィンザーは夫妻にとって特別な場所なのです」と報じており、『Daily Mail』も関係が悪化したという事実はないと伝えている。

内情は本人達にしか分からないとはいえ、ウィリアム王子、ヘンリー王子ともに自分の家庭を持った良い大人なのだ。家族とどこに住んでも問題はないような気がするが、多くのメディアやタブロイドは“確執”が大好きらしい



参照:『E!News』Kate Middleton Gushes Over Meghan Markle’s Pregnancy as Feud Rumors Wage On

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃の妊娠発表は「時期が悪かった」 故M・ジャクソンの元ボディガードが断言
エリザベス女王 「今はメーガン妃の服装に溜息」と英メディア
カミラ夫人を、ウィリアム王子とヘンリー王子は高評価 世間の誤解は解けるか
キャサリン妃のあまり知られていない事実10選 頭には手術痕も
ヘンリー王子 母を亡くした6歳児を励ます 「僕をごらん、君も大丈夫」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする