テイラー・スウィフトの恋人が硬派 「男女関係につき話す必要は僕にはない」

この記事をシェアする
ジョー「プライベートなことは、プライベートなままにしておきたいんです。」
ジョー「プライベートなことは、プライベートなままにしておきたいんです。」

「次にハリウッドで大ブレークし人気を不動のものにする英俳優はこの役者だ!」 - そう多くの米メディアに絶賛されているジョー・アルウィン(27)は、テイラー・スウィフト(28)の過去の恋人達とはかなり違うタイプのようだ。まだ芸歴そのものは短く「テイラーと交際している」と猛アピールすればより早く世界の有名人になれたにも関わらず、ジョーは個人的な事はなかなか語らぬままだ。



このほど『GQ』の取材に応じたジョー・アルウィンは、すでに交際開始から2年のテイラー・スウィフトとの関係につきこのように語るにとどめた。

「人のプライベートに関しては、その言葉通りプライベートってことです。個人的な事について話さなきゃならない義務はないと思います。」

また「テイラーの曲のうちお気に入りは?」との質問にも答えず、おそらくは「それは僕に関する曲と言われている『Gorgeous』ですよ」という答えを期待していたであろうインタビュアーを少々ガッカリさせてしまったようだ。

テイラー、硬派なジョーが好き。
テイラー、硬派なジョーが好き。

ちなみにテイラーの元恋人トム・ヒドルストン(37)は、美しく可愛くもあるテイラーとの交際が嬉しくてしかたなかったもよう。デートの様子を隠すこともなく、一時は「あえてテイラーと共にパパラッチにデート現場を教え撮らせたのではないか」「もしかしてPVか何かの撮影をしているのではないか」といった憶測が乱れ飛んだ。またその楽しげな様子が彼の役者としてのイメージには合わないとも言われ、実際に進みつつあった「次のジェームズ・ボンド役にトムを」という話が流れてしまったという噂もある。



その辺も考慮してか、テイラーはジョーとの交際にはとても慎重。仕事を理由にプライベートジェットで度々英国に飛び人の極めて少ない場所でジョーと会っていたほか、再会するたびに車内で体を折り曲げ、外から姿を見られぬよう注意していたのだとか。ジョーの仕事に影響を与えてはいけないというテイラーの心遣い、そしてテイラーのファンを動揺させてはいけないというジョーの思いやりも、交際につき多くを語らない理由であろう。

ちなみにジョーがテイラーのショーを観に行き『Gorgeous』を熱唱する様子を見守る映像を確認したが、硬派なジョーがこの時ばかりは何度かニコッ。写真のジョーも素敵だが、実際のジョーは「ヤバいくらいカッコ良い」と専らの評判である。



参照:『METRO』Joe Alwyn really doesn’t want to talk about dating Taylor Swift

画像:
1枚目の画像『Instagram』joe.alwyn
2枚目の画像『Instagram』taylorswift

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
歌手ショーン・メンデス、「テイラー・スウィフトにメイク写真を公開された」悪夢を語る
テイラー・スウィフトが感謝するもの 「それは素晴らしいファンのみなさん」
テイラー残念! 音楽業界で最も稼ぐ女性リストでケイティ・ペリーに次いで2位
テイラー・スウィフト、母の死を経たファンをバックステージに招待し感激させる
テイラー・スウィフトのファン「苦しい時に助けられた」 NZではファンの結束も話題に

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan