ポール・ウォーカーは本当に美しい男…今月30日であの突然の悲劇からまる5年

この記事をシェアする
ポール・ウォーカーの死から早いものでもう5年…
ポール・ウォーカーの死から早いものでもう5年…

アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズで、“ブライアン・オコナー”を演じて大ブレークした俳優のポール・ウォーカー。2013年11月30日に自動車事故でこの世を去り、ファンや関係者を深く悲しませたことはいまだ記憶に新しいが、あの突然の悲劇から間もなく5年になるそうだ。



ポールが事故で死亡した時は、ちょうどシリーズ7作目の『ワイルド・スピード:SKY MISSION(原題:Furious 7)』の撮影が行われており、誰もが強いショックを受け、その後の撮影を進める上でテンションやモチベーションの回復には相当の苦悩が伴ったことが伝えられていた。

その証拠に、毎年ポールの命日が近くなると共演者や関係者が続々と彼のソーシャルメディアのアカウントを訪れ、涙をボロボロとこぼす顔文字などを並べて「ポール、君に会えなくて寂しい」「君はいつまでも僕の心に生き続けている」といったコメントを残している。188cmの長身とよく鍛えられた肉体、美しい顔立ち。それに加えて明るくて優しい、誰からも好かれる素晴らしい人間性もポールの魅力であったそうだ。

また、かつての交際相手との間に誕生したポールの大切な忘れ形見、娘のミドゥ・レイン=ウォーカーさんはやっと20歳になった。彼女はパパに会えずどれほど寂しい思いをしているか。そしてパパもお年頃になった一人娘のことを天国でどれほど心配していることか…。

今月30日は金曜日。ポールのインスタグラムのアカウントは多数のファンや友人に支えられて今なお健在であり、ポールの思い出話でもしながら集まろうという没後5周年のイベントが行なわれるもようだ。



参照:『 instagram 』paulwalker

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マイケル・ダグラスの超イケメン息子に熱視線 美しいDNAを受け継ぐ子ども達が話題に
ジョニー・デップもキャメロン・ディアスも 高校をドロップアウトしても成功したセレブ達
ジャレッド・レトが超イケメン でも役作りとあらば激太りも激ヤセも! 
ダニエル・ラドクリフ 『ハリポタ』主演を回顧し「あの役をクールと感じたことはない」
俳優ヒュー・ジャックマンはピエロの仕事も 意外な職歴がある大物セレブ達 

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan