キム・カーダシアン、猛威ふるった大火災で消防士を雇い批判されるも釈明 カニエは寄付も

この記事をシェアする
キム・カーダシアン、火災発生時の行動につき釈明
キム・カーダシアン、火災発生時の行動につき釈明

今月米カリフォルニア州にて発生した山火事が猛威をふるい、マイリー・サイラスらの豪邸も全焼。多くの人が命を落とし、真っ赤な炎に今にも包まれそうになるなか「神様どうか助けて」と泣きながら車で避難する女性の動画もアメリカで大変な話題を集めた。そしてキム・カーダシアンが暮らす地域にも火の手が迫りかなり危険な状態に - そこで個人的に消防士を雇い家を守らせたキムが人気番組に登場し、決して身勝手な行為ではなかったと釈明した。



このほどキム・カーダシアンが人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show』に出演し、大規模な山火事が発生したにも関わらず自宅を失わずに済んだことをこう報告した。

「私達って本当に恵まれている - そう思ったわ。だって消防士さん達の助けを得ることができたんですもの。」

これに対しては少なからず批判の声も上がったが、キムはこう続けている。



「私達の家は、大きなパークの端の部分にあるの。パークの全体が火に焼かれて私達の家まで焼失したら、周辺の家々まで全て焼けてしまうのよ。」

「私達は幸運だった。全ての人がこんな贅沢なお金の使い方が出来るワケではない - それは分かるの。でも私達は個人的に消防士を雇う事ができたというワケ。お金を払えば派遣してくれる会社があるのよ。」

またこの会社を使ったのは自分達だけではないとし、「この消防士さん達は、私達の家だけでなく近くの家々も救ったってこと」「『とにかく我が家を守って。ウチに火が燃え移ったら、近所も全て燃えてしまうかもしれない』と伝えたわ」ともキムは語っている。



ちなみにキムの夫カニエ・ウェストはこの火災発生に心をいため、「救援に使ってほしい」と多額の寄付金を用意した。莫大な資産を持ちながら放置している人々も多くいるなか出来る限りの援助をしている点は立派で、キムの豪邸が守られる事で近隣の家が焼失を免れたことも間違いないようだ。

参照:『Us Weekly』Kim Kardashian Defends Hiring Private Firefighters During Wildfires: ‘It Wasn’t Just My Home’

画像:『Instagram』kimkardashian

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
マイリー・サイラス&リアム・ヘムズワースが多額の寄付 豪邸の焼け跡も公開
マイリー・サイラスも自宅を失う! カリフォルニアの山火事で
ジェラルド・バトラー カリフォルニア州の大火事で難を逃れるも自宅はこの惨状…
ケンダル&カイリーの父、ケイトリン・ジェンナーの自宅が焼失 猛威をふるう山火事で
きのこ雲さながらのオレンジ色の炎と爆風 メキシコシティでアルコール工場が爆発炎上

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan