“Diddy”ことショーン・コムズと3人の子をなした元恋人が急逝 「寂しくてたまらない」とショーン

この記事をシェアする
亡くなる前の11月5日にインスタグラムに投稿した写真
亡くなる前の11月5日にインスタグラムに投稿した写真

“I’ll be missing you”をはじめ世界中の人々に愛されている名曲を作り、現在は音楽プロデューサーやファッションデザイナーとしても活躍する“Diddy(その後パフ・ダディに改名)”ことショーン・コムズ。その元恋人で女優兼モデルのキム・ポーターが今月15日、自宅のベッドで亡くなっているところを発見された。



キムの死因については現在調査中だが、亡くなる前には肺炎を患っていたとも報道されており、殺人事件の可能性は極めて低いもようだ。通報を受けてLAトルーカレイクのキムの自宅に救急隊員が向かった時はすでに心停止の状態であったといい、わずか47歳の早すぎる死に、残された5人の子供たちも悲しみに打ちひしがれている。

キムとショーンは2007年に破局するまで13年間も交際し、3人の子供をもうけた。末っ子である双子の女の子たちは11歳と幼く、まだまだ母親が必要な年齢だ。また互いの連れ子も交え、破局してもキムとショーンは現在まで5人の子を協力し合い育ててきた。そのためインスタグラムには家族全員の写真が多く、このファミリーの仲の良さがうかがえる。

彼女の死にショーンがどれほどのショックを受けているか、測り知れないものがある。しばらく沈黙を貫いてきたショーンだが、この度インスタグラムに彼女の写真を投稿し、そこにこんな風にコメントを寄せた。

(次のページへ)