カニエ・ウェストが大金を提供か 警官に射殺された男性遺族を放っておけず

この記事をシェアする
カニエ・ウェストの正義感がカッコいい。
カニエ・ウェストの正義感がカッコいい。

少々風変わりな人物とされるカニエ・ウェストだが、幼い時にシカゴに越して長いあいだそこで暮らした彼にとり、シカゴは特別な場所。近い将来シカゴに拠点を移すと断言したほどで、シカゴ、そしてシカゴの人々に対する愛情は深いのだ。そのカニエがシカゴで警官に射殺された男性の遺族に深く同情し、「大金を提供した」として話題になっている。



がめつい人間が溢れかえる世の中、「どうぞこれを」と困っている人に自らの資産の一部を提供する人もいる。このほどカニエ・ウェストが「これを」と15万ドルを提供した相手は、数日前に白人警官に射殺された黒人男性(Jemel Roberson)の家族であったようだ。まだわずか26歳だったという同男性はこの晩、セキュリティガードとして勤務している最中に警官より発砲されて帰らぬ人に。 武装している疑いのある男性をどうにかせねばと懸命だった男性に対し警官は「銃をおろせ」と命令、その数秒後には発砲し男性の命を奪ったという証言も浮上している。

彼の突然の死で、家族がこうむったのは精神的ダメージだけではない。働き盛りの青年を失い途方に暮れた家族がネットで寄付を募っていたのだが、その後ほどなくして「カニエ・ウェスト」とする名で1度に1万5千ドルの寄付が10回あり、目標金額15万ドルに到達したという。



ちなみに警察側の発表によると、命を落とした男性は発砲された際に銃を携帯しており制服は着用していなかったとのこと。また銃を降ろせという命令を無視したというが、これとは真逆の証言も多数浮上している。現在この事件につき警察当局もさらに調査を続けているが、発砲した警官については現在「有給のまま休職している」とアメリカのメディアは報じている。

これに激怒している男性の母親は、「法外かつ道理にかなっていない」として、100万ドルの損害賠償を求めている。これは警官側の過剰反応か、差別的な行為か、それとも判断ミスなのか。いずれにしても亡くなった男性は、もう二度と家族に会う事はできない。

参照:『E!News』Kanye West Donates $150,000 to Family of Chicago Security Guard Killed By Police

画像:『Instagram』kimkardashian

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
キム・カーダシアン「カニエはトランプ氏が好き」「でも彼の政治活動については知らない」
カニエ・ウェスト、がんを患う父が回復に向かっていることを祝い”あるモノ”を食す
キム・カーダシアンが告白 “夫カニエ・ウェストにつき変えたい点”とは?
カニエ、マライアの元夫に「俺の嫁を話題にすんな!」
キム・カーダシアン、ドレイクとも良い仲だった? 本人らは完全否定

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan