<洋楽マニア>元シャカタクの女性ボーカル、ジル・サワードは今なお活躍

この記事をシェアする
ワイン片手に聴きたいジル・サワードの甘美なメロディ
ワイン片手に聴きたいジル・サワードの甘美なメロディ

静かな夜、ワイン片手に効く大人っぽい一曲。ドライブデートにも最高、その後のロマンティックなムードを期待して…それらをすべて叶えてくれる音楽がスムーズジャズです。2001年にリリースされた黒とゴールドのパッケージが渋いヴァリアス・アーティストの3枚組アルバム、『This is SMOOTH JAZZ/THE BOX SET』は今でも私の宝物です。

インストルメンタルの曲が多いそのアルバムの中で特に光っているのが、日本でも一世を風靡したあのイギリスのフュージョンバンド、「シャカタク」で女性ヴォーカルとして活躍したジル・サワード(Jill Saward)です。スムーズジャズ界に咲く美しく香しい花、そんな贅沢で甘美なメロディと優しい歌い方にックアップしてくれる豪華アーティストによる洗練された楽器演奏が相まって、やはりジル・サワードの音楽の心地よさはあのままでした。

こちらでは、そんなジルの素晴らしい3曲を2016年のアルバム『Just for You (Deluxe Version)』からピックアップしてご紹介します。ドライブと美味しいお酒(この順番は間違えないで下さい!)、そしてちょと素敵なムード作りにお役立て下さい。

■ Just For You

動画:Secret Records Limited『YouTuber』Just For You – Jill Saward

■ Breathing Space 

動画:ジル・サワード - トピック『YouTuber』Breathing Space

■ When the Trust Has Gone

動画: ジル・サワード – トピック『YouTuber』When the Trust Has Gone

ジル・サワード、いかがでしたでしょうか。次回はまた女性ボーカルがそれは素敵なボサノバに戻ります。どうぞお楽しみに…!

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>無くてはならぬバックアップ・ボーカル グルーブ感もたっぷりの美しい3曲
<洋楽マニア>サックスは時に渋く、そして時にむせび泣く…ケニー・G珠玉の3曲 
<洋楽マニア>誰もが好む音色 引く手あまたのサックス奏者デヴィッド・サンボーン
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 イリアーヌ・イリアス『Call Me』
静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ネイザン・イースト『I Can Let Go Now』

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする