『大草原の小さな家』“オルソン夫人”キャサリン・マグレガーが93歳で死去 “ローラ”も追悼

この記事をシェアする
キャサリン・マグレガーが死去。
キャサリン・マグレガーが死去。

日本でも大変な人気を博したドラマ『大草原の小さな家』でハリエット・オルソン役を演じたキャサリン・マグレガーが、93歳で逝去した。噂話が好きで意地悪、さらにはワガママで傲慢ながら、時として思いもよらぬ優しさと人情を発揮する - そんなキャラクターを好演したびたび笑いもとった「オルソン夫人」を、ドラマ共演者だったメリッサ・ギルバートも追悼している。



同ドラマで「ローラ・インガルス」を演じた女優メリッサ・ギルバートは、キャサリン・マグレガーが死去したとの知らせを受けて以下の写真をSNSにアップしている。

「多くのことを学びました」と“ローラ”も追悼。
「多くのことを学びました」と“ローラ”も追悼。

またこの写真にメリッサは追悼文を添えており、その一部にはこう書き含めている。

「キャサリンが昨日亡くなったと伺いました。この女性から、私は多くを学びました…。演技について…。ヴィンテージジュエリーについて…。そして人生についても。」

「キャサリンは率直で、ものすごく面白い方でした。本当に才能のある女優さんで、卑しむべきキャラクターもたっぷりの愛情を込め演じることができたのです。ハリエット・オルソンというキャラクターを憎むことを、人々は愛したのです。まさに完璧な敵対者だったというわけです。」

「でも『大草原の小さな家』の出演者達以外は知らなかった事があります。それは彼女が若いキャストに対しどんなに愛情深く、そしてどんなに優しかったか、という点です。」



ドラマでは「イヤミで傲慢、我が子と自分ばかりを優先する金持ちおばさん」、しかし完全なる悪人ではなく時として思いもよらぬ優しさを見せるキャラクターを演じ「はまり役」と絶賛されたキャサリン。そんな彼女と長年一緒に働いたメリッサは、長い人生を終え旅立った大先輩を大変慕っていたようだ。あのドラマには欠かせぬ存在だったキャサリンは、多くの人に愛され慕われていたという。

参照:『TVLine』Little House on the Prairie Actress Katherine MacGregor Dead at 93

参照および2枚目の画像引用『Instagram』melissaellengilbertbusfield

画像1枚目:『Instagram』lhprairie

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバーとの恋を噂されたモデル 「今の恋人ディラン・スプラウスは完璧」
アーノルド・シュワルツェネッガー 娘と俳優クリス・プラットの交際に大喜び
チャールズ皇太子70歳誕生日の記念写真 キャサリン妃第3子の姿も
ヘイリー・ボールドウィンの本音 「ジャスティン、なぜセレーナの事を気にするの?」
<動画>『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』公開せまりファンの期待高まる

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan