<元外資系CAその世界を語る>Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

この記事をシェアする
ベルリンのステイで大聖堂へ(Photo by 佐藤めぐみ)
ベルリンのステイで大聖堂へ(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

■社員寮は9階建の大きなマンション

私が暮らしていた社員寮はとても新しく綺麗で、ジムもあり快適でした。家電や家具など生活のために必要なものはすべて完備され、家賃や公共料金といったものもかかりません。

完全に洋風の造りです(Photo by 佐藤めぐみ)
完全に洋風の造りです(Photo by 佐藤めぐみ)

社員寮での喫煙と飲酒は禁止で、マンションのエントランスにはセキュリティー・スタッフ(男性)がいます。男性を部屋に連れて来てよいのは朝7時から夜の10時まで。男女を問わず訪問者はエントランスで名前と出入り時刻をきちんと記入し、セキュリティーがそれを毎日会社に提出しますから、誰と付き合っているかなど交友関係はかなり把握されてしまいます。



ところで、お酒に関しては出勤時間の12時間前から飲酒は禁止という厳しいルールがあります。これは安全な運行上とても大切なことで、どのエアラインにも飲酒に関する厳しいルールがあるはずです。また出勤後にアルコール検知器器によるランダムな検査がなされる事もありました。これを破ったら「Go home!」あるいは「マサラマ(アラビア語でさようなら)」と言われるのみです。

社員寮の部屋は2人でシェアとなりますが、不自由だと感じたことは1度もありません。広いキッチンには冷蔵庫、洗濯機、オーブンが、そして居間にはテーブルと5人分のソファー、テレビが備え付けられています。

丸焼きが出来るオーブンも(Photo by 佐藤めぐみ)
丸焼きが出来るオーブンも(Photo by 佐藤めぐみ)
さすがにこのテレビは変わっていると思います(Photo by 佐藤めぐみ)
さすがにこのテレビは変わっていると思います(Photo by 佐藤めぐみ)

これらをルームメートとシェアするのですが、“かち合う”ということがまずないのです。なにしろ片方は朝に寮に戻り、片方は深夜のフライトを控えて夕方近くまで寝ている。国際線の乗務とはそんなものですから、たまに顔を見ると挨拶は「久しぶり! 元気だった?」となります。これは面白いことでした。

そして個々の部屋は日本の10~12畳間くらいと大変広いです。寝室にはデスク&チェア、とても大きなベッドとクローゼットがあり、そして洗面台とトイレ、シャワーブース&バスタブが備えられたバスルームが1人ずつに与えられます。



■アダルトはご法度!=テレビやインターネット環境

イスラム教国では映像や写真ばかりか、アニメやタイトルについても猥褻か否かの判断にとても慎重になります。『セックス・アンド・ザ・シティ』なんて、タイトルからして検閲官に睨まれてしまうのでしょう。ちなみに映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』の撮影の舞台はアブダビでした。意外にも寮の部屋のテレビでそれを鑑賞することが出来ましたが、“サマンサ”が何かしゃべる度にセリフが消され、雰囲気が怪しくなるとモザイクざらざら(苦笑)。ホットすぎる彼女のせいで作品はカット部分だらけとなり、内容など半分もつかめませんでした。

アダルト雑誌やアダルトビデオももちろんご法度で、国によってはその持ち込みや所有、売買により死刑になる場合もあるそうです。イスラム圏のお年頃の男の子はどうやって「性」を覚えていくのでしょうか。謎は深まるばかりで、とても疑問でした。

また、ウェブサイトについても厳しい検閲があるようです。URLアドレスに性的な意味のある単語が含まれていると、そのサイトを閲覧することは出来ません。ただしYouTubeを見ることができたのは不思議でした。ちなみに中国ではFacebookが規制されて開けないと聞きますが、Facebookはなぜか中東ではOK。どっちもどっちですね。



>>> Vol.22 「アラブの国に暮らすことの真実」に続きます >>>

(佐藤めぐみ/エトセトラ)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

<目 次>

Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私

Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

Vol.3 なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか

Vol.4 地獄の訓練

Vol.5 初めての乗務 泣いて笑って

Vol.6 お客様も色々な方が…王族の乗務、そして男性客のセクハラ

Vol.7 クレームはやっぱり怖い

Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度

Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?

Vol.10 CAは美の競い合いの世界 人気のコスメはやっぱり…

Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち

Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング

Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル

Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの

Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!

Vol.17 CAになるとイイ思いをすることも多いの? 航空券ほかの優遇制度

Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

Vol.20 若い女性だもの、恋はしていたい! ゼネコンや商社の男性たちとの合コンは?

Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続

Vol.27 お客様から学んだこと 日本人旅行客にみるオバチャンたちのたくましさ

Vol.28 UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?

Vol.29 乱気流でわかる揺れやすい席 万が一の時に安全な席

Vol.30 飛行機に乗ること自体が「とても怖い」という方へ

Vol.31 世界の危険な国々

Vol.32 雇用は3年ごとに更新。最初の3年を満了しただけで退職した理由

Vol.33 家族に万が一のことがあった場合は!? 緊急時に帰国は許されるのか

Vol.34 中東の二強エアラインを簡単に比較

Vol.35 CA受験合格に王道なし 学歴は?留学は?スクールは?

Vol.36 CA受験合格に王道なし 留学、そして専門学校の必要性は?

Vol.37 実際の試験はどのように行われたのか

この記事をシェアする