<洋楽マニア>誰もが好む音色 引く手あまたのサックス奏者デヴィッド・サンボーン

この記事をシェアする
艶やかで洗練された音色、それがデヴィッド・サンボーンの魅力
艶やかで洗練された音色、それがデヴィッド・サンボーンの魅力

先に、老若男女を問わず万人にサックス(サクソフォーン)の魅力を広めているケニー・Gの珠玉の3曲をご紹介しました。彼よりも10歳ほど年長で、やはり万人に愛されてきたサックス奏者の1人がデヴィッド・サンボーンです。艶やかで美しいメロディのなかにもしっかりと効いたメリハリ ― それが武器でしょうか。



サンボーンはスムーズジャズ(本当の発音はスムースジャズですね)界での活躍はもちろん、ロックやポップス系のレコーディングに多数参加してきました。1983年にはかのローリング・ストーンズまでが、アルバム『アンダーカヴァー』の1曲においてサンボーンをレコーディングに招いています。こちらではポップスの色も少し含んだ、なおかつ秋という季節にぴったりの“ワイン片手にしっとりと”系のスムーズジャズ2曲をお聴きいただきたいと思います。

■『Neither One Of Us (Wants to be the First to Say Goodbye)』

筆者の宝物でもある1983年のアルバム『Backstreet』のうち、今なお大好きな1曲です。女性コーラスが時々そよ風のように入ってくる心地よさが特徴です。懐かしいグラディス・ナイト&ザ・ピップスの美しながらもドロッとしたあの曲が、サンボーンの手にかかればここまで洗練されてしまう…そう感動したことが今でも忘れられません。


動画:2chann『YouTube』David Sanborn ~ Neither One Of Us (1983)

■『Rain On Christmas』
もうすぐクリスマスということで、1981年のアルバム『As We Speak』からデヴィッド・サンボーンが贈る美しいクリスマスのメロディがこちらです。


動画:2chann『YouTube』David Sanborn ~ Rain On Christmas (1981)

デヴィッド・サンボーン、いかがでしたでしょうか。こういうスムーズジャズが筆者にはやはり最高に心地よいジャンルなのです。また、制作された年に左右されないジャンルかもしれません。ほかにもまだまだ特に美しい曲がありますので、次回も少しずつご紹介したいと思います。お楽しみに…!



画像:『Facebook』David Sanborn

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>無くてはならぬバックアップ・ボーカル グルーブ感もたっぷりの美しい3曲
<洋楽マニア>サックスは時に渋く、そして時にむせび泣く…ケニー・G珠玉の3曲 
<洋楽マニア>イントロがカッコよすぎる曲たち
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ブライアン・カルバートソン ft. ハワード・ヒューイット『The Secret Garden』
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ピーセス・オブ・ア・ドリーム『Lovers』

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan