アンジェリーナ・ジョリー&ブラピ 「親権協議はプライベートな場で決着を」と必死に

この記事をシェアする
1日も早い決着を目指すふたり。
1日も早い決着を目指すふたり。

「子ども達全員の身上監護権を全て自分のものにしたい」と希望するアンジェリーナ・ジョリーが、「共同親権という形で決着を」と希望しているブラッド・ピットと激突 - ついには来月にも法廷にて決着をつけると伝えられたふたりだが、今水面下では裁判所を通さずに話がまとまるよう、双方が話し合いを急いで進めているようだ。



ブラッド・ピットと長男マドックス君の親子喧嘩を機に、実はそれまでも育児をめぐり衝突がたびたびあったとされるアンジェリーナ・ジョリーはブチッ。そうなると怒りはおさまらず、突然の離婚申請でブラッドに大打撃を与えたという。あれからすでに2年以上 - しかし親権につき話しあいが進まず、来月4日には法廷での話し合いが予定されている。

しかし芸能情報の真偽を検証する『Gossip Cop』によると、現在は双方が裁判所を通すことに難色を示しているとのこと。それを回避するためにも、水面下での協議を急ぎ決着に向け尽力中だという。



またアンジェリーナについては「子ども達全員の身上監護権を全て私に」と強く求めていると言われているが、子ども達を父親ブラッドから引き離す気はないとの情報筋の見解を『Gossip Cop』は報道。それどころかアンジェリーナを知る情報筋より「子ども達とブラッドが関係を築き維持することがアンジェリーナの目標」というコメントを得られたというが、それが完全に事実だとすれば、ここまで親権協議に時間がかかることはおそらくなかっただろう。



だがアンジェリーナも徐々に態度を軟化させ、最近のブラッドは以前よりも子ども達と過ごせる時間が増えているのだそう。感謝祭、クリスマスといった家族が集う日を子ども達がどう過ごすのかにも注目が集まるなか、ずるずると続いた先の見えぬ話し合いは終わりに近付いているようだ。

参照:『Gossip Cop』Angelina Jolie, Brad Pitt Trying To Settle Custody Case Out Of Court

画像:『Facebook』By The Sea

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーの親権争いが泥沼化 これまでのまとめ
アンジェリーナ・ジョリー、ブラピに逆襲? 泥沼騒動の最中、新弁護士を雇用か
ブラピ、加齢においてもロバート・レッドフォードにそっくり
アンジー&ブラピ 6人の子の親権でモメて離婚協議サッパリ進まず
ブラピ、アンジーの離婚申請から約2年で「もう10億円以上は支払った」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan