友人DJが最新情報 激しい息切れで救急搬送されたエアロスミスのジョー・ペリー

この記事をシェアする
お大事になさってください!
お大事になさってください!

人気ロックバンド「エアロスミス」のギタリスト、ジョー・ペリー(68)が米ニューヨークの10日夜、コンサートの後で体調不良を訴え、ニューヨークの病院に救急搬送されたもよう。米芸能情報サイト『The Blast』ほかが伝えている。



ジョーのTwitterのページを見ると、当日はマディソン・スクエアガーデンで行われたベテラン歌手ビリー・ジョエルのコンサートにゲスト出演していたもよう。ところがその後に強い息切れに見舞われ、バックステージに救急隊員が呼ばれた。酸素吸入および気管チューブを装着してから病院に搬送されたという。

広報担当者は11日、「本日フロリダで開催されるロックンロール・ファンタジー・キャンプ(Rock ‘n’ Roll Fantasy Camp)に参加できないことはとても残念です。楽しみにしてくれていたファンの皆さんに心よりお詫びいたします。今月末にはショーに戻れる見込みです」などと本人の気持ちを代弁した。

そんななかで注目を集めているのはジョーの友人だというシリウスXMラジオ(Sirius XM Radio)のホスト、エディー・トランクさんが少し前に放った最新情報である。「今日は元気だと聞いて嬉しいよ。ジョー、引き続きお大事にね!」とのこと。再発がないよう、ジョーにはどうか十分に注意して頂きたいものである。

近年、体調不良を訴えて救急搬送のうえ入院となることがたまにあるジョー。しかしスティーヴン・タイラー率いるエアロスミスは今なおコンサート活動を続けており、公式ウェブサイトの情報によれば、来年4月6日からは長期契約によるラスベガス「PARK THEATER/PARK MGM」での定期公演も予定されている。名ギタリスト・ジョーの健康状態が現在の一番の懸念材料であろうか。



参照:
The Blast』Joe Perry ‘Alert and Responsive’ Following Hospitalization in NYC 
AEROSMITH』公式ウェブサイト/Tour(英語版)

画像:『Twitter』Joe Perry

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
「エアロスミス」の『I Don’t Want to Miss a Thing』 ロックファンが愛する永遠の名曲
スティーヴン・タイラー 余命幾ばくもないファンに「会いにいくぜ、頑張ってくれ」
ジェニロペも驚いた!? 元夫マーク・アンソニーが20億円超の豪邸を購入
「クイーン・オブ・ソウル」アレサ・フランクリンを“白く”描いたジム・キャリーに批判集中
ライアン・レイノルズ大興奮のインスタグラム 憧れのポール・マッカトニーと肩組む仲に!