メーガン妃 実はエメラルドのティアラをつけたかった? 挙式前に女王が拒否か

この記事をシェアする
メーガン妃、本当はエメラルドのティアラが良かった?
メーガン妃、本当はエメラルドのティアラが良かった? 

大変関係が良いとされるメーガン妃とエリザベス女王なのだが、ここにきて「実は挙式のときに使用するティアラの件で意見が合わなかった」「メーガン妃は本当はエメラルドがついたティアラを借りたがっていた」という話が情報筋からもれた。この情報に関し真相は不明なのだが、ひとつ確かなことは「メーガン妃はエメラルドカラーが大好きだ」という事である。



今年、ヘンリー王子と式を挙げ彼の妻になったメーガン妃。それに先立ち「どのティアラを挙式で使用するか」を決める必要があり、緑が好きなメーガン妃は大好きなエメラルドがついたティアラを使いたいと望んだとのこと。しかし「駄目、貸せません」とエリザベス女王が拒否し、ヘンリー王子がカンカンになったという話を『The Sun』が伝えている。

「それは無理」とエリザベス女王が拒否?
「それは無理」とエリザベス女王が拒否?



そこでエリザベス女王がヘンリー王子と話し、なだめたもよう。そのティアラがどこから来たものなのかハッキリしないこと、またロシアから英国に渡ったものである可能性も危惧したというのだが、同じく今年結婚したユージェニー王女は、エリザベス女王からエメラルドのティアラを借りて式を挙げたのである。

(次のページへ)