ぬいぐるみを抱くようにヘイリーに絡まって眠りにつくジャスティン…インスタ写真が語るもの

この記事をシェアする
ぬいぐるみを抱きしめる赤ちゃんのよう…!?
ぬいぐるみを抱きしめる赤ちゃんのよう…!?

先にヘイリー・ボールドウィンとのキス写真を公開して話題になっていたジャスティン・ビーバー。それに続いて今度はヘイリーが、自分の全身をジャスティンがギュ~ッと抱きながら眠っている写真をインスタグラムで公開した。



ヘイリーへの愛情の印として顔面に彼女に捧げるタトゥーを彫ったと噂されているジャスティン。しかし甘くラブラブな暮らしを楽しみながらも、心から愛し合った元の恋人セレーナ・ゴメスの体調不良のことがやはり心配で苦しんでいる ― そんな風に伝えられてもう長い。

ジャスティンが気難しい表情でふさぎこんだりすることがあり、ついヘイリーとの会話が険悪なものになってしまう ― そんな様子を激写されたこともある2人だが、やはり強く互いを求め合う関係なのであろう。永遠の愛を誓う相手とはラブラブな新婚生活を送りたい、そう純粋に願うヘイリーの気持ちが痛いほど伝わってくる1枚である。

それにしても気になるのはジャスティンのこの抱きつき方と安堵の表情。彼は今、愛しい誰かを強く抱擁しながら眠りにつく幸せを心から噛みしめているのだろう。何か大きな不安がある時、人は誰でも強く抱きしめられる相手がほしくなるもの。これは男女を問わず、またどの年代においても同じ心理だと言われている。

この写真に添えられたキャプションは「my ❤️」と実にシンプル。まさにヘイリーのピュアさが現れているようだ。ジャスティンの目の前には今、とても心の優しい素敵なミューズがいて自分を優しく守ってくれている。このことをどうか忘れないでいて欲しい。妻を幸せな気分にしてあげることも、男が結婚する上での大きな責任のひとつである。



画像:『instagram』haileybaldwin

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナ・ゴメスが受けた腎臓移植手術 実はかなり危険な状態だった
ヘイリー・ボールドウィンは尽くすタイプ ジャスティン・ビーバーの為なら何だって…
セレーナ・ゴメス 精神ケア専門施設を出て「静かに暮らしている」という新情報
ジャスティン、“新妻”と噂のヘイリーのため仕事を減らすも「すれ違い」?
セレーナ・ゴメス 「精神的動揺の一因にジャスティンの婚約報道」と悲しい証言も

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan