<動画>モデルにも好き嫌いが…!? ヴィクシー・ショー出演アーティストに求められる気遣いや相性

この記事をシェアする
画像:2012/12/04公開YouTube『TVFashionShow-[HD] VICTORIA'S SECRET FASHION SHOW 2012 - JUSTIN BIEBER』のサムネイル
画像:2012/12/04公開YouTube『TVFashionShow-[HD] VICTORIA’S SECRET FASHION SHOW 2012 – JUSTIN BIEBER』のサムネイル

近頃は、ヒマさえあればヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーの動画を観まくっている筆者ですが、ひとつ気付いたことがあります。それはモデルにも出演アーティストやそのパフォーマンスに対する好き嫌いの感情があるのではないか、ということです。「イイ感じ!」という時もあれば、「これ、モデルがアーティストからの視線を明らかにシカトしたよね」などと感じることもあるのです。良くも悪くも筆者なりにモデルとの距離感や相性が気になった動画を選んでみました。



■2011年 カニエ・ウェスト
今や炎上アーティストとして有名なカニエですが、意外にもモデルたちは最高にノリノリ。トップバッターのアドリアナ・リマなんて完全にカニエと同じノリです。カーリー・クロスの脚の長さにもびっくりですが、何より驚いたのがカニエの嬉しそうな顔。筆者はこんなにも楽しそうで生き生きとしたカニエの表情を初めて見ました。
https://youtu.be/nDSX8OEtD5M

■2011年 マルーン5
マルーン5のヴォーカル、アダム・レヴィーン。ヴィクシー・モデルでおなじみのベハティ・プリンスルーと結婚し、すでに4年になります。ですが彼は2011年に同ショーにアーティストとして出演した際は、ベハティの”同僚”であるアン・ヴィアリツィナと交際していました。アダムがアンをラブラブにエスコート。さらにはアンの頬にキスまでしていました。わからないものですね、男女の仲って。
https://youtu.be/eEwkk489Zn0

■2012年 ジャスティン・ビーバー
声もまだ高めで表情にあどけなさが残り、可愛くて髪型もカッコイイと評判だったあの頃…ジャスティンについてはどうも「過去と現在のルックス、どっちが好き」などと比べられがちです。でもそれがセレブの宿命。ジャスティンもクールに進化を遂げています。この頃のジャスティンは超モテモテで、モデルたちのテンションもかなり高いように感じます。自分が出るところとモデルを引き立てるところ、そのバランスが若いのにやけに上手だったジャスティン。これもモテ男のポイントなのでしょう。

■2012年 リアーナ
ブラックで落ち着いた衣装を身にまとい、ステージの脇の方でしっとりと歌うリアーナ。本当に美しいのに自分は引き立て役に徹する、そんなリアーナの気遣いが感じられるパフォーマンスだったと思います。「私を見て!」とばかりに前に出てくるかと思っていたので、このショーを見てリアーナに対する印象がぐっと変わりました。

■2014年 テイラー・スウィフト
ジャスティンやリアーナに比べ、どんどん前に出てきたため「ちょっと出しゃばり過ぎ。唯一親友のカーリー・クロスだけが仲良しこよしで、他のモデルたちはあまりノッてこない」などと話題になってしまったテイラー。彼女は性格がよく気配り上手だといいますから、これはたまたまそう指示されていたということなのでしょう。とはいえランウェイは女性同士が美の競演を繰り広げる世界。テイラーもスタイル抜群ですから全然負けていません。つい張り合ってしまったのでしょうか。

(次のページへ)