裁判所で「年齢を49歳に変えたい」69歳のオランダ人男性が驚きの陳情 

この記事をシェアする
これで49歳ですと言われても…
これで49歳ですと言われても…

人は誰も「若い頃は良かった」と思いながら、しかし加齢にはあらがえないと諦めて生きている。だが、その諦めがつかないという人もこの世の中にはいるようだ。69歳のオランダ人男性が今、裁判所を相手に真剣に「49歳を名乗りたい」と訴えている。その理由とは…!?



69歳という年齢には嫌悪感しかない ― こう話す男性はオランダ・ヘルダーラント州のアルンヘム(=アーネム)市に暮らす有名起業家のエミル・ラテルバント(Emile Ratelband)さん。このほど裁判所に出向き、真面目な表情で「1949年3月11日に生まれたが、1969年3月11日に変えて現在の年齢を49歳にしたい。その変更を認めて欲しい」と陳情する公式文書を提出した。

「今やトランスジェンダーも手術で肉体を変えれば性別の変更が認められる時代。医者が私の肉体年齢について『45歳というべき若々しさだ』と言ってくれたんだ。だったら私も年齢や生年月日を変えていいはずだ。年金受給が遅れても構わない」と主張したエミルさん。年金受給が遅れるということは政府も喜ぶような話だとしている。



コンサルタントとしても活動したいが、「この年齢ではなかなか企業に雇ってもらえない」とその理由を挙げるエミルさん。そして実はもう一つの思惑があるようだ。出会い系アプリの「Tinder」を利用したエミルさんは、年齢を69歳と正直に示したところ誰にも興味を持ってもらえなかったとのこと。しかしルックスにもお金にも恵まれた49歳であれば話は別。「女性ウケはいきなり良くなるだろう」と話している。

そうした理由にも「気持ちはわかる。でも現実的にこれはとても難しい」と裁判所はエミルさんの陳情に渋い顔を見せており、4週間以内に結果が書面で届く予定だが期待は薄そうだ。なお彼の権利主張をサポートしてくれる団体が現れたことから、たとえ却下となっても闘いはまだ今後も続く見込みだ。



参照および画像引用:『LAD BIBLE』Tinder Pensioner Who Identifies As 49-Year-Old Asks Court To Change His Age 

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>中年になると体が痛くてつい…。動くたび「ウガー!」なオヤジ達のパロディー動画
<英>自宅介護の難しさ 患者は寝たきり…隠しカメラに介護スタッフの女が家屋を物色する姿
ジンバブエ共和国の首都ハラレでコレラが流行 下水管破裂が飲み水を汚染
拒食症女性に名医が「あんたは歩くガイコツ。ホラー映画に出なさい」と言い放った深い訳
<動画>「車椅子も義足もリハビリは楽しくなくっちゃ」 勇気百倍の動画が大人気



この記事をシェアする