ジャスティン・ビーバー ヘイリーの存在に感謝も複雑な思い続く

この記事をシェアする
ジャスティン・ビーバー「幸せだけど何かが欠けてる」
ジャスティン・ビーバー「幸せだけど何かが欠けてる」

セレーナ・ゴメスとの短い復活愛を経て、破局状態に。「もうダメだ」とばかりに元恋人ヘイリー・ボールドウィンの元に戻り婚約し、正式に婚姻手続きも済ませたと噂されているジャスティン・ビーバー。しかしセレーナの心身状態が再び悪化したとのニュースに大ショックを受けたジャスティンは、やはり今激しく揺れているという。



ワッと泣き出す、ヘイリー・ボールドウィンとの険悪な様子を撮られるなど、明らかに不安定な最近のジャスティン・ビーバー。しかし幸せそうな笑みを見せることもあるジャスティンにつき、ある情報筋が米『PEOPLE』にこう語っている。

「気分が上がったり下がったり。今のジャスティンはそんな日々を過ごしているんですよ。誰だってそんなものでしょう。」



「ただジャスティンの場合、お金では買えない何かが欠けているという気持ちを払しょくできずにいるんです。幸福感がない - そんな感情です。」

「ジャスティンは素晴らしい暮らしをしていて、感謝しているんです。特にヘイリー・ボールドウィンの存在にね。ただジャスティンは辛いんですよ。何もかも楽しんでハッピーな気分に浸るってことができないんですから。以前も同じような状態になって治療を受けたんですよ。」



少し前まで、明らかに動揺している様子を何度も撮られていたジャスティン。今もセレーナ・ゴメスを想っているのか否かは不明だが、セレーナの体調が再び悪化したことを知った際には打撃を受けた様子だったという。それでも男としての責任も感じてであろう、「ヘイリーとの時間を確保しなくては」と本格的な仕事は受けないようにしているというが、一方“若く美しいうちが花”なモデルのヘイリーは精力的に仕事に取り組みたがっているとのこと。この辺の意識のズレが関係にヒビを入れるのではないかと考えているファンも多い。

しかし今一番心配なのは、セレーナである。短期間に何度も通院・入院が続き、ついにはパニックになり点滴の針を腕から引き抜こうとして暴れたという彼女が今一番側にいてほしいのがジャスティンだとしたら、あまりにも悲しい話である。

参照:『PEOPLE』Justin Bieber ‘Feels Something Is Missing’ from Life — But Is ‘Grateful’ for Hailey Baldwin: Source

画像:『Instagram』justinbieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー、顔面にヘイリー・ボールドウィンに捧げる新タトゥー
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ
ジャスティン・ビーバーの愛と苦悩 ~セレーナ・ゴメスとの間に何があったのか~
<「これが知りたかった!」英語表現> Quote of the day ジャスティン・ビーバー
ジャスティン・ビーバーが坊主頭に? これまでの髪型で一番良いのは?

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする