超有名人達の最期の言葉 スティーブ・ジョブズは「Oh wow…」

この記事をシェアする
著名人達は、どんな言葉を残し天国に旅立ったのか。(Photo by 星谷)
著名人達は、どんな言葉を残し天国に旅立ったのか。(Photo by 星谷)

多くの著名人達、セレブ達が我々に夢を与え、そしてこの世を去っていった。今も多くの作品、音楽、希望や夢を私達に与え続けてくれる彼らは、どのような言葉を最後にのこしたのか。数名の著名人の最期の言葉を厳選し、まとめてお伝えしたい。これらの言葉に、生きるヒントが得られるかもしれない。



■ スティーブ・ジョブズ(アップル社の共同設立者の一人)
「Oh wow, oh wow, oh wow…」
天才的な実業家であった彼、最後の瞬間はまたしても何か素晴らしいアイデアがひらめいていたのかもしれない。

■ マイケル・ランドン(『大草原の小さな家』で強い父を演じた俳優)

マイケル・ランドンはまるでドラマで演じた父のように
マイケル・ランドンはまるでドラマで演じた父のように

息子に「父さん、ムーブオンの時だね」と言われたマイケルが最期に言った言葉は、「その通り。そうする時が来た。みんなを愛しているぞ」と語ったそう。

■ ジョン・ウェイン(俳優)
妻に対し、「もちろん君が誰か分かるさ。You’re my girl. 愛しているよ」。言われた奥様はどんなに辛く、しかしどれほどの愛に心を満たされたことか。

■ ボブ・マーリー(レゲエミュージシャン)
「お金じゃ命は買えないってことだ。」
メラノーマを患いガンの全身転移で死去したボブ。多くのファンに愛されるも、最後はお金に執着する意味はないというメッセージを遺し旅立った。



■ ジョー・ディマジオ(元MLBのプロ野球選手)
「これでやっとマリリンに会えるよ。」
マリリン・モンローと結婚し一度は別れたものの、ずっと彼女を愛していたジョーの言葉。天国での再会はきっと叶ったはずだ。



■ ジェームス・ブラウン(ミュージシャン)
「今日、行こうと思うんだ。」
まるで死期を悟っていたかのような言葉だが、最後までずいぶん仕事のことを気にかけていたそうだ。何度かDV騒動も起こしたジェームスだが、音楽の分野でのこした功績は大きい。

■ レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家)
「神と人類を怒らせてしまったよ。私の作品が、それなりのクオリティに達しなかったせいだ。」
天才と呼ばれた彼は、命尽きるまで驕る事を知らない偉人であり続けたようだ。

偉ぶらず、家族を愛し、人を想いながら息を引き取った偉人達。「ああしておけば」「こうしておけば」と後悔ばかりを胸に生きるのではなく、まっすぐな生き方ができれば素晴らしい事 ― そういう人々は、ずっと我々の心の中で生き続ける。

マイケル・ランドンの画像:『Instagram』lhprairie

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
グウィネス・パルトロウ、ついに更年期の初期に突入と公表
ジャスティン・ビーバーが坊主頭に? これまでの髪型で一番良いのは? 
アリアナ・グランデ、ピート・デヴィッドソンらの名も出る新曲リリースへ
アクセ使いの上手い女性セレブTOP 3 ビヨンセ、ブレイク・ライブリー&リアーナ
ジェーン・フォンダ 母の本当の死因を知ったのは「雑誌の記事で・・・」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan