汚いオムツを2週間放置で大腸菌感染症 乳児死亡でヤク中の両親を逮捕

この記事をシェアする
危険ドラッグの犠牲になった赤ちゃん
危険ドラッグの犠牲になった赤ちゃん

米アイオワ州で2017年8月、乳児が極めて重い皮膚感染症により命を落とした。育児放棄による殺人事件とみた警察は、その後に赤ちゃんの父親である29歳の男を逮捕・起訴。いよいよ注目の裁判がスタートしたもようだ。



栄養失調や脱水症状、および皮膚の深刻な感染症が原因で死亡したのは、アイオワ州マウント・プレザントのあるアパートで暮らしていた当時生後4か月のスターリング・ケーンくん。育児放棄、乳児過失致死ほかの容疑で逮捕・起訴されたのは29歳の父親ザッカリー・ケーン、そして20歳の母親シェイアン・ハリスであった。オムツが汚れようが交換してあげることもなく放置していたことからスターリング君は下半身にひどい発疹を患い、そこに大腸菌が侵入して重篤な感染症を引き起こしたことが直接の死因であった。オムツは最低でも9日間、長ければ2週間放置されていた可能性があるという。



このたび始まった裁判では、惨たらしいその皮膚炎の写真を見させられた陪審員らも絶句。スターリング君の遺体の司法解剖に立ち会ったチカソー郡保安官事務所の保安官代理は、汚れた毛布や衣類、続いてオムツを外した時に見た皮膚の酷い炎症とただれ、そしてそこにウジ虫まで湧いていたことを証言した。また、シェイアンとザッカリーは共に覚せい剤メタンフェタミンを常用していたという。

しかし、ここで意外な事実も明らかにされた。ザッカリーの友人でメタンフェミンを2人に毎週売っていたジョーダン・クラークという男は「以前、彼のアパートに遊びに行った時、部屋に2歳の女の子がいたことがある。ザッカリーはその子のことはよく面倒をみていた」と話したもよう。一方で、現在のガールフレンドでスターリング君の母親であるシェイアンについては育児放棄が強く疑われる。彼女についてもザッカリーと同様に裁かれる見込みだ。



参照:『Oxygen』IOWA FATHER ON TRIAL FOR DEATH OF NEGLECTED, MAGGOT-INFESTED BABY 

参照および画像引用:『METRO』Baby ‘died of rash after parents left him in maggot-infested diaper for 2 weeks’(Photo:Facebook)

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジンバブエ共和国の首都ハラレでコレラが流行 下水管破裂が飲み水を汚染
<中国>店主「これで堕ろせば」と大金示す 妊婦が平らげた鍋料理にネズミの死骸 
原因は28kgもの子宮筋腫! 呼吸困難に陥ったシンガポールの53歳女性
<米>「フィッシュ・スパ」で爪が剥がれ落ちる例も? 細菌感染による足指切断のほかにも
拒食症女性に名医が「あんたは歩くガイコツ。ホラー映画に出なさい」と言い放った深い訳

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan