米トランプ大統領、不法入国を試みる人間の投石に対抗策 「銃での応戦も」

この記事をシェアする
「石を投げてくる移民は撃つ」との発言にアメリカ国民は…。
「石を投げてくる奴は撃つ」との発言にアメリカ国民は…。

多くのメキシコ人が今もアメリカへの不法入国を試みる中、ドナルド・トランプ大統領もアレコレと対応策を検討中。そんな中、メキシコの軍や警察に力任せに投石してまで抵抗する人もいることから、「アメリカはそのような行動は容赦しない」「反撃するしかない」として、銃での反撃もありうるとした。



より豊かな暮らし、そして何より仕事を求め、今も多くの人々がメキシコからアメリカへの不法入国を試みている。そんな中ドナルド・トランプ大統領は巨大な壁の建設を提案するも、これから入国を目指す人達からは「分かってねえな、飛行機に乗れば壁なんか関係ないよ」「すぐに入国できるってんだよ」という意見も出て話題になった。

そんな中、国境では入国を試みる人達がメキシコの軍や警官らに思いきり石などを投げる事例が発生。トランプ大統領はこれに関し、こう考えを述べた。



「我々はあのような投石は銃器の使用とみなす。(酷い怪我の原因となる投石と)銃の使用に、大差もないだろう。」

「酷い事例があったばかりだ。あんな行為は我慢しないし、もし我々がああいう行為を受ければ反撃する。」

そういう事がないよう願うとしながらも、トランプ氏は「容赦はしない」という意思を明確に示したことになる。これについてはアメリカでも意見が割れ、「もし銃での応戦で死人が出れば大惨事の始まりだ」「再び戦争が始まる」というもの、また一方で「これは正当防衛だ」という声もある。

いずれにしても、ずいぶん物騒な世の中になってしまったという声は多い。

参照:『TMZ』President Trump Says He’ll Shoot Immigrants at Border if They Throw Rocks

画像:『Instagram』realdonaldtrump

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
イヴァンカ・トランプのあまり知られていない事実10選がこちら!
自分大好きトランプ大統領 あいあい傘もメラニア夫人だけ濡れる
メラニア夫人、トランプ大統領を庇う 好きなのか、嫌いなのか、ただの意地なのか!? 
ドナルド・トランプ大統領の元浮気相手 「暴露本に、全部書いちゃう!」
メラニア夫人激震? トランプ大統領の元浮気相手が「息子の写真も見せてもらった」

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan