「マイケル・ジャクソンの囁きが常に聞こえる」親しかった人物が告白 姉も“存在”を確信

この記事をシェアする
マイケルが親しくしていた人達には、まだ彼の声やダンスの練習をする音が…。
マイケルが親しくしていた人達には、まだ彼の声やダンスの練習をする音が…。

2009年に、わずか50歳にして急逝したマイケル・ジャクソン。抜群の歌唱力とダンスで世界中を沸かせた彼を多くのファンが愛したが、親しい人達にとって彼の死は今もなお受け入れがたいものらしい。友人らには彼の囁きが、そしてダンスを練習する音が今もなお聞こえるという。



マイケル・ジャクソンが生きていた頃親しくしており、彼が予定していた公演『THIS IS IT』のリハーサル映像を監督しドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』としてまとめたケニー・オルテガ。そのケニーがこのほど『World of Choreography Awards』なる式に出席、そこで今は亡きマイケルにつきこう語った。

「マイケルはいるんだ。そう、常にね。いつも僕の耳に囁きかけてくる。彼のことは決して忘れることはない。マイケル=永遠。そういうことだ。彼は常に僕といっしょだよ、心の中でしっかりと生きているんだ。」



ちなみにマイケルの姉ラトーヤ・ジャクソンも、かつてセキュリティスタッフが「邸宅からタップダンスをする音が聞こえる」と話していたことを告白。「『冗談でしょ。だってマイケルは毎週日曜になると2時間そこでタップダンスの練習に励んでいたのよ』と伝えたの」と語っていた。

素晴らしい楽曲やダンスで、世界中の人々を楽しませ癒したマイケル。彼は亡くなってしまったものの多くの人々は今も彼と彼の音楽を愛し、「マイケルの亡霊が映像に映りこんでいる」「画像にマイケルらしき人物が見える」という話は後を絶たない。そういう霊的なものが実際にあるか否かは不明だが、「まだきっとどこかで生きている」と信じたい人がそれだけ多いことは、ファンとして非常に嬉しいことだ。



参照:『Page Six』Kenny Ortega says Michael Jackson ‘whispers’ in his ear

画像:『Instagram』michaeljackson

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
クローン人間? “若き日のレオナルド・ディカプリオ”と呼ばれるモデルに仰天
ジャスティン・ビーバーのソックリさんが話題に
「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソン ジェームズ・ボンドを演じる事を熱望した過去
セレブ達は見た!? 恐怖の心霊体験に背筋ゾゾゾ~
マイケル・ジャクソン、生きていれば60歳に 子ども達から愛のメッセージ

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan