食欲の秋でもNGな仰天セレブダイエット ドMダイエットや点滴ダイエットも

この記事をシェアする
無理な減量で女性らしさが損なわれることも…。
無理な減量で女性らしさが損なわれることも…。

人目に晒されてなんぼのセレブ達にとって、美ボディの維持はとても大切なこと。でもなかには体重を落とすべく、とんでもないことをやってしまう人達もいるようだ。今日はそんなセレブ達の一部がハマった仰天‟超不健康”ダイエットをいくつかご紹介したい。ちなみにこれらは極めて不健康で、専門家いわく「将来病気になり猛烈に後悔するのが目に見えるよう」とのこと。絶対に真似をしてはいけない。



■ マドンナ(歌手)
マドンナが選んだとされるのが、ポップコーンダイエット。これだけで空腹を満たし痩せたというが、実はポップコーンを作る段階でコーンが油を大量に吸収。その量についてはフライドポテト以上という説もあり、体にもダイエットにも決して良くないそうだ。またマドンナはエアダイエットなるものにも一時夢中に。これは美味しそうな料理をテーブルに大量に並べるというもの - それを見て、そして良い匂いを嗅いで「食べた気になって満足する」というドMなダイエット法だ。エアダイエットとは名ばかりの「断食」であることは言うまでもなく、これを続ければ体重は落ちても骨はスカスカに、もしくは餓死すること請け合いだ。

■ ケイティ・ホームズ(女優)
彼女は朝食にニンジンスープ、昼食に生のブロッコリをバリバリ食べ、脂肪がつかないよう懸命に努力したと言われている。しかし繊維などは摂取できても、必要な栄養素はこんな“食事”では摂れないのだ。人間には必要な栄養素があり、それをバランスよく摂取するのが健康にも美貌にも良いにきまっている。ちなみに無茶なダイエットのせいか最近のケイティはグッと老け、化粧をしないとパパラッチにも気づかれないことがある。



またわざわざ病院に入院させてもらい、食事をせずに点滴だけを受けて減量する人、卵数個でしのぐ人、さらには“ピーナッツしか食べない”という「リスなのか」と問いただしたくなるようなダイエットに励む人もいるという。そして飲むのは満腹感を感じさせてくれる無糖の炭酸水のみだというから驚きだ。

体型には異常にこだわるとされる、モデルを含むセレブ達。健康があっての仕事である。まずは食事のバランスを考えるのが大事なはずだが、そうはいかないのが彼女達の宿命か。ちなみに減量につき医師にインタビューしたところ、こういう返事を頂いた。

「ダイエットで体重を落とすと、顔面の脂肪も減るのです。そのためホウレイ線などシワを目立たなくしていた脂肪も減り、一気に老け込むことがあります。」

「太りたくない」「ポッチャリさんは卒業したい」という女性も多いはずだが、無理をしないこと、またお肌の手入れなどにも十分に気を配らねば「加齢の秋」になってしまうそうだ。



画像:『Instagram』madonna

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ミランダ・カーのダイエットの極意 「重要なのはカロリー計算じゃない」
食欲の秋だからこそ知りたい! セレブ御用達トレーナーらおススメのダイエット法
アレック・ボールドウィンの妻(34)、産後のすごい痩せっぷり公開で物議醸す
ジェニファー・ロペス49歳が超セクシードレス姿を披露 風が吹いたらどうなる!?
ジャスティン・ビーバーの愛と苦悩 ~セレーナとの間に何があったのか~

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan