デミ・ロヴァート、年内復帰はなしか 今年いっぱい施設で治療という新情報

この記事をシェアする
本気で依存症の克服をめざしているデミ。
本気で依存症の克服をめざしているデミ。

今年の夏、薬物の過剰摂取で意識不明となったデミ・ロヴァート。しかし幸いにも母が病院に駆け付けた時には意識はあったといい、今もデミは懸命に依存症克服を目指しいる。そんなデミが薬を断って90日を超えたというが、施設にはまだしばらく滞在し治療を続けるという新たな情報がある。



克服は大変困難とされる依存症だが、デミ・ロヴァートは薬物に二度と依存することのないよう懸命に頑張っている最中だ。そんな彼女につき、ある情報筋は『Entertainment Tonight』にこう話したという。

「薬に手を出さない - その状態を維持すべく真剣に取り組んでいます。」
「自分のために頑張っているんです。でも家族や友達が訪問すると、大事な人達の為にも頑張らなくちゃと思えるようです。」
「今も命があることを、デミはとても感謝していますよ。」

そして当初の予定より長く治療を続けるという話もあり、今年いっぱいは施設にて依存症の完全克服をめざすという報道もある。

ちなみに病院に搬送された時の状態は非常に悪く、妹は以下のようにインスタグラムに書き込み“最悪な事態”もありうる状態だったと匂わせていた。



「人生で最悪の日になることもありえたの。なのに神様、素晴らしい医師団、デミの関係者達、そして応援してくださった世界中の人達のおかげで、今日という日を過ごすことができます。こういう人達がいてくれなければ、もうお姉ちゃんはいなかったでしょうね。」

また先日はデミの母親が「Conversations with Maria Menounos」のポッドキャストに登場、デミが薬をやめ90日が経過した事を報告し、「娘を誇りに思います」「依存症は病気。克服には努力を要するもので、それは困難な事だし(克服への)近道もないのですから」とも語り話題となった。

デミが完全に回復し、「もう絶対に同じ失敗をしない」と自信を持って帰ってきてくれる日をファンは心待ちにしている。

参照:『METRO』Demi Lovato ‘will stay in treatment for the rest of 2018’ as she takes ‘sobriety extremely seriously’

画像:『Instagram』ddlovato

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
デミ・ロヴァート、薬物過剰摂取を経てリハビリ施設へ シカゴで治療も
デミ・ロヴァートの妹が心境を吐露「お姉ちゃんが死ななくて良かった」
デミ・ロヴァートの母 「娘は薬に90日も手を出していない。誇りに思う」
セレーナ・ゴメス温かい友情、薬物依存のデミ・ロヴァートに手を差し伸べていることを告白
ジャスティン&ヘイリー新居探し 候補にリアーナ、デミ・ロヴァートが売り出した「訳あり」物件も
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan