セレブ達にも大モテだった英ヘンリー王子 いかにして彼の人気は沸騰したのか?

この記事をシェアする
どこに行っても人気者の英ヘンリー王子。
どこに行っても人気者の英ヘンリー王子。

アデル、シェリル、ケイティ・ペリー、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、リンジー・ローハンといった人気セレブ達も「ステキ」と憧れた、英王室の人気者ヘンリー王子。かつては兄ウィリアム王子に押され気味だったヘンリー王子の人気は、いかにして不動のものになったのか。



多くの人気セレブ達も憧れたという英ヘンリー王子。彼の人気が高まり定着したのは、彼が逞しく立派な青年に育ったことに加え、非常に明るい性格の持ち主だからである。

閉ざされた印象の強かった英王室 - そのメンバーでありながら彼は過去に“裸体写真リーク”という仰天スキャンダルを起こしたことも。これにはさすがに眉をひそめた人も多かったが、彼は決してめげる事も引きこもることもせず、公の場ではそれをネタにし自虐ジョークで笑いをとって、好感度を上げたのである。

そして熱心にチャリティ活動に精を出しているが、それは亡き母ダイアナ妃の影響とのこと。ダイアナ妃は彼がたった12歳の時にフランスで事故死したが、長いあいだ立ち直れぬまま大人になったという彼は今、チャリティ活動を通し、生前の母のように英国の多くの人達に寄り添っている。



中でも人々を驚かせたのは、自身がHIV検査を受ける姿をSNSで公開したこと。「ね、簡単なことだよ」 - そう人々に示し検査を受けるよう彼が訴えかけたことで、多くの英国民が勇気を与えられたこと、そして検査を受けたことに母ダイアナ妃の友人だった歌手エルトン・ジョンも感激したという。

大好きだった母のチャイティへの思いを引き継ぎたい - ヤンチャもし母をたびたび困らせたというヘンリー王子だがダイアナ妃への愛は大きかったといい、今は同じくチャリティに熱心な妻メーガン妃、そして兄ウィリアム王子とその妻キャサリン妃と共に、しっかりと国民の心の支えとなっている。

画像:『Instagram』kensingtonroyal

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
パパデビュー控える英ヘンリー王子 意外な事実10選がこちら!
ウィリアム王子の髪はあれで良い 2大セレブは感想&本音も
メーガン妃の異母姉がストーカーまがい 「英王室と妹に真実を知ってほしい」
故ダイアナ妃、事故発生後レスキューにあたった人物が明かす「最期の言葉」
メーガン妃の父 ヘンリー王子との電話でキレる 「俺なんか死んだ方が…」
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan