ジャスティン、“新妻”と噂のヘイリーのため仕事を減らすも「すれ違い」? 

この記事をシェアする
ジャスティン・ビーバー、ヘイリーを守り切れるか。
ジャスティン・ビーバー、ヘイリーを守り切れるか。

セレーナ・ゴメスとの短い復活愛と破局を経て、元恋人ヘイリー・ボールドウィンと再び交際を始めあっという間に婚約したジャスティン・ビーバー。結婚したとも噂される中セレーナが再び体調を崩し「激しく揺れている」とされるジャスティンにつき、また新たな情報が入ってきた。



「セレーナはもう駄目なのかもしれない」 - 腎機能の低下で周囲が最悪な状況を意識し始めた時、「ならば私の腎臓を」と健康な腎臓のひとつをセレーナ・ゴメスに提供した彼女の親友。その友人のおかげで元気になったはずが最近はまたしても体調を崩しがちで、通院や入院が続きパニック状態に陥ったセレーナは精神面のケアを専門とする施設に送られた。



それを知りボロボロになったのが“新婚”と言われるジャスティン・ビーバーで、ヘイリー・ボールドウィンの隣で泣く姿や友人に支えられる姿、痩せ細った姿や笑顔のない暗い表情ばかりが話題だ。一番幸せなはずの今大変辛い状況にあるジャスティンとヘイリーだが、ジャスティンもじょじょに立ち直りつつあるもようだ。

というのも、今のジャスティンが「ヘイリーとの関係をどうにか維持したい」と感じていることは確かなのだ。ヘイリーは積極的に仕事に取り組んでいるが、ジャスティンについてはもっとヘイリーとの生活に集中すべく「しばらく本格的な仕事はしないのではないか」という証言も浮上している。そもそも大富豪のジャスティンだけに、仕事はもはや「絶対にしなくてはならないもの」ではないのである。



しかしこれが再びの火種になる可能性も。というのもジャスティンが「もっとふたりの時間を大事にしたい」と思う一方、ヘイリーはというと「仕事がしたい」。これが原因ですでに何度かもめたというから、すれ違いがすでに生じている可能性もあるのだ。

またセレーナを思いひどく憔悴しているというジャスティンだけに、ひとりで過ごす時間は辛いものがあるだろう。なかなか先の見えぬ3人の今後だが、まずはセレーナの心身の状態が良くなることを願いたい。ヘイリーも幸せの絶頂から思わぬ展開となり、さぞ困惑しているはずだ。

参照:『EYEWITNESS NEWS』Justin Bieber cuts back on work for marriage

画像:『Facebook』Justin Bieber

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジャスティン・ビーバー激ヤセ “新妻”ヘイリーらとランチに行くもゲッソリ
ジャスティン・ビーバーの愛と苦悩 ~セレーナ・ゴメスとの間に何があったのか~
ジャスティン・ビーバー、セレーナの心身不調に打撃 ヘイリー・ボールドウィンは批判の的に…
セレーナ・ゴメス 「精神的動揺の一因にジャスティンの婚約報道」と悲しい証言も
ジャスティン・ビーバー 「数年で消える」と言われ復活した彼の人生訓

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan