エド・シーランが多数の私物を寄付、パンツまで! セレブの驚きのパンツ事情とは

この記事をシェアする
エド、「あれも、これも」と寄付しパンツまで「どうぞ!」
エド、「あれも、これも」と寄付しパンツまで「どうぞ!」

決して“イケメン”ではないものの、キュートで歌唱力も抜群のエド・シーラン。そんな彼がこのほど数百にも及ぶ大量の私物を寄付し、チャリティに貢献した。しかしその中にはエドのパンツも数点 - 新品なのか何度か使用しきれいに洗濯したものなのかは不明だが、「1点でも多く寄贈したい」というエドの気持ちがよく分かる話である。



11月に、‟あるチャリティオークション”が開催されると知ったエド・シーラン。このチャリティで得られる収益は、英国にあるホスピス(St Elizabeth Hospice)に寄贈されるとのこと。このホスピスではまだ若いながら末期がんを患う人々がケアを受けており、エドは「僕にもできることはある!」と300もの私物を提供したという。

その中には、なんとエドのパンツが6枚含まれていたとのこと。新品だと嬉しいが、ファンの場合“使用済みで洗濯したもの”が理想のパンツなのかもしれない。ちなみにエドのファンはきっと「知りたいわ、エドはブリーフ派なのかしら、それとも…」と思われているかもしれないが、エドが提供したものにはブリーフもボクサーパンツもあったそうだ。



ちなみにパンツの話題を多く提供したことのあるセレブといえば、かのジャスティン・ビーバーである。彼は下着モデルを務めたこともあって、「これでもか」というほど下着が多数送られてくるのだそう。「こんなにあっても困っちゃうよ」と思ったジャスティンは、なんと「一回はいたら捨てちゃおう」と決意。エドが知れば「おお、なんともったいない」と天を仰ぎ絶叫しそうな話である。またジャスティンとは犬猿の仲である俳優オーランド・ブルームも、パンツは使い捨て派だ。

さてここでエドがどんなに素敵な人なのかが良く分かる、あるエピソードを紹介して締めくくりたい。エドは「もう間もなく息を引き取る」と宣告されていた10代のファンに電話し、彼女のために素晴らしい歌声を披露。ファンはエドの歌声を聴きながら眠るように意識を失い、そのまま息を引き取ったという。これを大変光栄に思いつつ「とても悲しかった」というエドだが、ファンは大好きなエドの歌声に包まれるように天国に旅立ったに違いない。

優しいエド、そして彼の素晴らしい楽曲は世界中で大人気。そしてエドを「大好き!」と言うセレブも多く、コートニー・コックス、ハリー・スタイルズ、テイラー・スウィフトらも彼と大変親しくしている。

動画『YouTube』Ed Sheeran – Perfect (Official Music Video)

参照:『E!News』Ed Sheeran’s Underwear Could Be Yours…If That’s What You Really Want

画像:『Instagram』teddysphotos

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ダニエル・ラドクリフ 役作りで“ある仕事”に喜び見出す「すごく面白かった」
イヴァンカ・トランプのあまり知られていない事実10選がこちら!
エマ・ワトソンに新恋人、キスする姿も撮られる 恋の相手に求めるのは?
人気女性セレブ達の衝撃スッピン3選 化粧の威力と素の美しさに仰天
ジゼル・ブンチェン、“トップレス”でランウェイを歩いた若き日を回顧「涙があふれた」
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

この記事をシェアする