おっと…! メーガン妃、プライスタグが付いたままのワンピースでトンガに降り立つ

この記事をシェアする
タグの外し忘れ…これは誰のせい?
タグの外し忘れ…これは誰のせい?

お腹に赤ちゃんを宿しながらも連日のように公務に追われている英ヘンリー王子の愛妻、メーガン妃。25日にはチャーター機に乗り込みフィジーを後にし、フレアースカートが風にたなびく真っ赤なワンピース姿で、王子と仲良く手に手を取ってトンガの空港に降り立った。ところがそのワンピースの裾から…!?



メーガン妃のワンピースの裾からぶら下がっていたのは四角くて赤いタグ。そう、ブランド、素材、販売店や値段がまるわかりになるプライスタグであった。トンガの国旗を意識して、敢えて目立つ赤を選んだのであろう美しいメーガン妃。側近ですら気づかなかったその足元の異変を見逃さなかったのは、オーストラリアの有名テレビ番組『Sunrise』のプロデューサーだというブレイク・ナディロさんであった。彼がTwitterにアップした写真が今、世界に拡散中である。

もっとも、ブレイクさんを含めて殆どの人が「これはメーガン妃のせいではない。お世話係の誰かの落ち度であろう」と感じているもようだ。英ヘンリー王子夫妻によるオーストラリア、フィジー、トンガ、ニュージーランドを訪問する16日間の外交。最近妊娠を発表した身重のメーガン妃ゆえ、無理のないようにと心配する声もあるようだ。なお、下世話なイギリスのメディアは「このワンピースは444米ドルで小売されています」と早速情報を提供している。



参照および画像引用:『Twitter』Blake Nadilo

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
メーガン妃、少年お手製のパスタネックレスに感激! 首にかけて「ありがとう」
メーガン妃、ヘンリー王子と豪訪問で故ダイアナ妃のアクセサリーをつけ話題に
ブリトニー・スピアーズもリンジーもメーガン妃も 英語のアクセント変化にファン「は?」
メーガン妃流メイク、極意は「好きなパーツを際立たせること」
英ヘンリー王子&メーガン妃、ペットのワンちゃんに「Oz」と命名? 豪で豪邸購入検討か