<元外資系CAその世界を語る>Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

この記事をシェアする
ジュネーブのステイで地ビールの味比べ(Photo by 佐藤めぐみ)
ジュネーブのステイで地ビールの味比べ(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

■パイロットとCAの恋愛は? まさかの不倫は?

パイロットとCAの恋愛、不倫はズバリ! あります。CAの半分くらいはそれを経験していると思います。キャプテンは50代以上の妻子あるオジサマがほとんどで、中にはCAと不倫関係に発展してしまうケースもありますが、ほとんどが中東に家族を呼んで一緒に暮らしているため、熱愛に発展させることはそもそも難しいと思います。



それよりも皆さんが興味を抱かれるのは、20代~40代までのシングルの副操縦士との関係についてでしょう。「素敵なファースト・オフィサー(副操縦士)と恋愛関係になり、結婚も視野に入れて真剣に交際を…」などと夢物語を語るのは最初ばかり。時とともに、その可能性や夢がどんどんしぼんでいくことをCAは嫌でも気づきます。自分だけを見つめていてくれる、真面目な交際を経て結婚し、子供を産んで幸せになる…真剣にそう考えることが難しくなっていくのです。

フライト先で一緒に観光や買い物、食事を楽しんでいるうちに仲良くなり、その勢いでワンナイトの関係に走ってしまうことはままある話です。でもその時、賢い女性なら「この調子で彼は気に入ったCAを選んでは、しょっちゅうつまみ食いをしているんだな」と気づくわけです。私達CAには副操縦士=遊び人、という偏見がありますから、彼らもそうした実情を何も知らない外部の女性と結婚する方が幸せになれると思います。



■アラブ人との恋愛は絶対にナイ

「では、いっそのことアラブの富豪と結婚してしまえばいい。第5夫人くらいでもかなり裕福な暮らしが出来るのでは?」などと思われますか? でもこちらで暮らすと、冗談でもそんな言葉を口にする気持ちにはなれません。アラブ人は裕福な割にズルイのです。レジの前に並んで待つということが我慢ならないらしく、どこでも必ず割り込んできます。怒ると「今日は家族の具合が悪いから早く家に帰らなきゃならない」などと、似たり寄ったりの嘘をついてヘラヘラと笑ってごまかします。

また厳格なイスラム教国の男性は真面目で禁欲的という印象をお持ちでしょうか? とんでもない。それを裏切るような男たちに何度も遭遇しました。女性の薄着や卑猥な言動はご法度ですが、アジア人女性を性的な対象という目で見ている男性が多く、街を歩けばなぜか「チャイニーズ?」「ニイハオ」などと声を掛けられ、すばり「Hey, how much?」と尋ねられたこともありました。

(次のページへ)