窃盗犯公開写真にそっくり過ぎた『フレンズ』ロス役俳優 悪ノリ動画がバカ受け

この記事をシェアする
まさにドッペルゲンガー? (容疑者は写真・左)
まさにドッペルゲンガー? (容疑者は写真・左)

イギリス北西部の町が今、この写真の話題で大いに沸いている。ブラックプール警察がこのたびFacebookに公開し、市民からの情報提供を求めた窃盗犯の男の写真が、世界で人気を博したアメリカのテレビドラマに出てきたある俳優にそっくりであったからだ。脅威のドッペルゲンガーだと騒がれたため、やがて話題はその俳優の耳にも入り…!?



「おい、この男は“ロス・ゲラー”に似ていないか?」

そんな言葉が飛び交ううちに、SNS、メディアであっという間に拡散したという数枚の写真。誰がみてもその男は“ロス・ゲラー”なのだ。ロス・ゲラーとは、1990年代に爆発的なヒットとなったアメリカのテレビドラマ・シリーズ『フレンズ』に出てきた大学教授のキャラクター。演じたのは俳優デヴィッド・シュワイマーであった。

警察によれば、その窃盗事件が起きたのはブラックプールの「Mr Basrai’s World Cuisines」というレストランで先月20日のこと。この男が他人のジャケット、財布、携帯電話などをこっそりと盗んだ疑いがもたれている。なお警察が公開した写真は、ある店でビールを購入する容疑者の姿を監視カメラがとらえたものだという。



この写真が「フレンズ俳優に似すぎている」と大騒ぎになっていることを悟ったブラックプール警察は、本人に迷惑をかけないよう心配したのであろう。その後に「ちなみにデヴィッド・シュワイマー氏は犯行当時、アメリカにおられました。イギリスではありません」と説明している。

それでも一旦始まったジョーク合戦はなかなか収まらないもの。俳優としては端役も多いデヴィッドだけに「あまり仕事してない、見かけないと思ったらそんなことを…」「おお、盗みを働くほど困窮してしまったか」と嘆くなど、ネチズンたちはどこまでもふざけ、笑い合っていたようだ。ところがそこに参上したのがなんとデヴィッド本人。Facebookに1本の動画を投稿して人々を爆笑させた。

ニューヨーク市内のスーパーマーケットを選び、犯人が撮影された状況とまったく同じスタイルで崩れそうなケース売りのビールを抱えてレジに向かって歩く自分 ― そんな再現フィルムであった。「警察の皆さん、誓って犯人はボクじゃありませんからね。ボク、その時はニューヨークにいましたから。いつもお疲れ様です。事件の捜査が進展しますように!」とキャプションも添えてある。ユーモアの天才でもあるデヴィッド。彼のこの最高のジョークがすべてを制したことは言うまでもない。あとは犯人の出頭を待つばかりである。

デヴィッド・シュワイマーのユーモアに脱帽
デヴィッド・シュワイマーのユーモアに脱帽



参照:『BBC』 Blackpool police hunt David Schwimmer lookalike

画像:『MSN NEWS』Police Search for Alleged Thief Who Looks Like Ross from Friends — and the Internet Is Obsessed(© Blackpool Police Facebook; Alex Lentati/ANL/REX/Shutterstock)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>“ドッペルゲンガー”誤認逮捕から17年 冤罪確定の男性が州に1億円超の損害賠償請求
『MEN IN BLACK』スピンオフ、ロンドンのど真ん中で撮影中!
ブラピ、アンジーの離婚申請から約2年で「もう10億円以上は支払った」
「クイーン・オブ・ソウル」アレサ・フランクリンを“白く”描いたジム・キャリーに批判集中
ジャン=クロード・ヴァン・ダムの息子、ナイフを友人につきつけ保護観察処分へ