<ジンバブエ>サルもわが子を抱き上げ、空に向かって「高い・高い」をする!

この記事をシェアする
「たかい、たか~~い!」はサルの子にも大人気
「たかい、たか~~い!」はサルの子にも大人気

わが子を抱き上げた腕を高らかに上げて「高い、高い」と言う親たち。普段とは違う視点、視界の広がりに歓喜の声を上げる子供たち。いつ見ても微笑ましい愛情たっぷりのシーンだが、「天に向かってスクスク大きくなあれ」という願望を込め、親も無意識のうちに、また本能的にやっているということなのであろう。このほどジンバブエで貴重なショットが撮影され、話題を呼んでいる。



愛用のカメラを手にこのほどジンバブエを旅したという写真家のダフナ・ベン・ヌン(Dafna Ben Nun=38)さん。彼女はあるサルの親子を見て、有名なディズニー映画『ライオン・キング』のシーンを思い出したそうだ。それは年老いたヒヒ“ラフィキ”がまだ幼い“シンバ”を優しく抱き、「立派なライオンになるんだよ」との願いを込め、天に向かってその腕を高らかに上げるシーンのことであった。



ヒトの親もサルの親も、そしてプライド・ランドもジンバブエも皆きっと同じ。わが子の健やかな成長を願い、「高い・たかい」の行為は誰もが本能的にしているものと解釈したダフナさん。彼女は「Caters News Agency」の取材に、その時の感動を「本当に魅力的な瞬間に遭遇した」と表現している。花も太陽に向かって咲くように、子供たちには広い空の下で遊ばせてあげたいもの。大人でも、たまにはお日様に向かって深呼吸することが大切だそうだ。



参照および画像引用:『METRO』Monkey holds its baby to the sky like Simba in the Lion King(Picture: Dafna Ben Nun/Caters)

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<米>重傷を負った野生カメ LEGO製の特注車椅子で懸命に歩く!
屋外に保存していた卵ケースからヒヨコがぴょん! 異例の猛暑に苦しむ韓国ソウルで
ミステリアスな毛深さ 見たこともない巨大な海洋生物の死骸がロシアの浜辺に
<オーストリア>ヒヒ~~ン!? 馬、無理やり電車に乗せられる 乗客らもうビックリ!
オハイオ州から仰天写真 車の中にできた巨大モンスズメバチの巣!