メラニア夫人のソックリさん全裸でラッパーのPVに ホワイトハウスが動く

この記事をシェアする
ラッパーT.I.のPVが物議を醸す!
ラッパーT.I.のPVが物議を醸す!

ラッパーT.I.が今月5日にリリースしたニューアルバムが、アメリカで物議を醸している。『Dime Trap』というタイトルの下、そのアルバムのプロモーションビデオがTwitterにて公開されたが、大統領夫人であるメラニア・トランプさんにそっくりな女性が裸で登場し、淫猥な演技を見せるためだ。

そのビデオはホワイトハウスの大統領執務室に似せて作られた部屋で撮影されており、そこでラッパーT.I.はドナルド・トランプ大統領が専用ヘリコプター「マリーン・ワン」で出かけていく姿を確認。するとブロンドヘアの女性が現れる。彼女は“I REALLY DON’T CARE, DO U?(私は全然気にしないわ。あなたはどう?)”なる文字がプリントされたミリタリー調のジャケットを脱ぎ捨て、全裸となって大統領の執務机「レゾリュート・デスク」に乗り、T.I.の目の前で煽情的なポーズを取るというものだ。

実は完全なるアンチ・トランプであるT.I.。ホワイトハウスを訪れるなど大統領とぐんぐん距離を縮めているラッパー仲間のカニエ・ウェストを嫌い、「権力に魅かれてしまういやらしいヤツ。失望した」などと批判していた。メラニア夫人とそっくりなことで知られるポルノ女優を起用し、「夫不在のホワイトハウスで浮気したい」という願望を胸に秘めているかのように演じさせたのも意図的なものに違いない。

これにはさすがのホワイトハウスも立ち上がった。ファーストレディを担当するステファニー・グリシャム報道官はそのビデオの削除を求め、CNNのインタビューで「とにかく受け入れることはできません。表現は非常に不快、低俗で無礼千万」と痛烈に批判している。国家権力をもってすれば、ホワイトハウス側の一声でショービズ界におけるT.I.の活動に歯止めをかけることも不可能ではあるまい。話題こそ提供したものの、問題のビデオが削除されてしまえばそこで終わり ― アルバムの売れ行きにつながるとは言い難い展開である。

参照および動画引用:『NEW YORK POST』Melania Trump lookalike strips in T.I. video, and first lady’s spokesperson urges boycott

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
自分大好きトランプ大統領 あいあい傘もメラニア夫人だけ濡れる
<米>トランプ大統領オロオロ 小児病院訪問で「ぬりえ」に挑戦するも星条旗をきちんと描けず
メラニア大統領夫人また苦笑を誘う 10cmピンヒールで植樹セレモニー
ドナルド・トランプ大統領の元浮気相手 「暴露本に、全部書いちゃう!」
「このラッパーの名を募集中!」意外にもお茶目なスヌープ・ドッグの爆笑インスタ!