<洋楽マニア>ああ、懐かしいドライブ向け美メロ・ポップス ハーモニーが最高!

この記事をシェアする
懐かしいあの頃の景色も…。
懐かしいあの頃の景色も…。

フュージョン、軽快ながら美しいメロディのポップス、ブラックコンテンポラリーのしっとりとしたバラード、いずれにおいてもエレクトリック・ピアノ(有名なのは何といってもFender Rhodes)が欠かせないということを先に書きました。珠玉の一曲を選ぶのはとても難しいことで、このピアノがフィーチャーされていれば大概心地よく聴けたものです。また、この楽器の登場によりドライブデートにうってつけの美メロ・ポップスが多々生み出されたように思います。



筆者の初めて愛車はジェミニ、続いてホンダのシティでした(我ながら可愛いチョイスだったと思っています)。友人と車でどこか遠くに出かけることが決まると、早速ドライブ向けの曲ばかりを集めた“カセットテープ(懐かしい!)”を作成したものです。というわけで、ここからご紹介するのは眠くなるようなバラードではなく、その頃とても軽快で心地よかったポップスを3曲ずつ(本当は50曲も100曲もあるのですが)。「へぇ、今聴いても新鮮。いいメロディだね」と言って頂けると嬉しいです。

動画:clj29360『YouTube』Ambrosia – Biggest Part of Me (HQ)

動画:LesterTheNightfly2『YouTube』Player – Baby Come Back

動画:boonfarmer『YouTube』Al Jarreau – Mornin’ 

https://youtu.be/la0eUKD9kNw

ちょっとセンチメンタルな美メロも多かったあの頃。ロックと異なり、ポップスはどう考えても女性ウケを狙った曲ばかりでしたね。次回も(頑固に)この調子で続けます。どうぞお楽しみに…。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>夏はハワイのポップ・ミュージシャンを シーウィンド『Follow Your Road』
夏はハワイのポップミュージシャンを ケアリイ・レイシェル『In My Life』
<洋楽マニア>夏はハワイのポップ・ミュージシャンを シーウィンド『Follow Your Road』
<洋楽マニア>バラードの魔術師その1ーAvant 素晴らしきブラック・ミュージシャンたち
バラードの魔術師その3  R&B界最高のクルーナーだったルーサー・ヴァンドロス