<世界旅紀行>Vol.4 『フランス』その6 一生に1度は訪れたいモンサンミッシェル(後半)

この記事をシェアする
モンサンミッシェルに近づく!(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルに近づく!(Photo by 朝比奈)

~目標は世界遺産・厳選52か所の制覇~

パリからちょっと足を延ばし、世界遺産のなかでも特に人気の高いモンサンミッシェルへ。ハードスケジュールではありますが日帰り旅行も可能です。また夜景を見たいなら1泊旅行がおすすめです。前半では交通手段やホテル選び、対岸の人気レストランについて触れました。後半は見学した内容を写真を中心にお伝えしていきたいと思います。



対岸とモンサンミッシェルの間はぶらぶら歩くと1時間という距離があり、無料かつ15分間隔でバス停に来てくれるため、大型のシャトルバスが大人気でそれなりに長い列をなしています。それを優雅に避けていくのが馬車。もちろん有料です。カツン、カツン、パカン、パカンと蹄の音を響かせながらゆっくりと歩く馬車は悠々とした座席指定で、乗っている皆さんはとっても幸せそうな表情をしています。

モンサンミッシェルには馬車かバスで(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルには馬車かバスで(Photo by 朝比奈)

グランドリュ(参道)に入ると目に飛び込んでくるのは、有名なオムレツ店「ラ・メール・プラール」。こちらについては後でご紹介します。奥は同ホテルの入口となっており、右手に見えるのは衛兵が守っていた城門。不正な侵入者を防ぐために跳ね橋になっているそうです。

ラ・メール・プラール右端がホテル入口(Photo by 朝比奈)
ラ・メール・プラール右端がホテル入口(Photo by 朝比奈)

元は巡礼者たちが列をなして登った修道院までひたすら続く階段。そして細い坂道。メイン通りであるグランド・リュの両脇にはレストランやお土産屋さんがひしめいています。

モンサンミッシェルへの坂道と階段(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルへの坂道と階段(Photo by 朝比奈)

サンテティエンヌ教会。この日は開いていたけれど赤い扉が目印だそうです。

モンサンミッシェルのサンテティエンヌ教会(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルのサンテティエンヌ教会(Photo by 朝比奈)

「ラ・メルヴェイユ」は3層(3階)構造の居住空間。ゴシック様式の優雅な回廊と中庭が特徴です。

モンサンミッシェルのラ・メルヴェイユ(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルのラ・メルヴェイユ(Photo by 朝比奈)

1524年に建造されたガブリエルの塔。要塞としての役目を終え、19世紀からは灯台としての機能を果たしてきたそうです。手前の大きな建物はファニの城壁。

モンサンミッシェルのガブリエルの塔(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルのガブリエルの塔(Photo by 朝比奈)

この稀有の世界遺産は今後も長きにわたり保存され、観光客を楽しませることでしょう。地震がないからこそですね。羨ましい限りです。

イギリス軍を迎え撃つ要塞としてのモンサンミッシェル(Photo by 朝比奈)
イギリス軍を迎え撃つ要塞としてのモンサンミッシェル(Photo by 朝比奈)

「百年戦争」では攻めてくるイギリス軍から修道院を守っていた要塞でした。そのため、きわめて堅強な造りであることが島内の至るところに感じられます。



美しくそびえるモンサンミッシェル聖堂。ここに雷が落ちる様子は実に絵になるそうです。

モンサンミッシェル聖堂の尖塔(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェル聖堂の尖塔(Photo by 朝比奈)

聖堂を囲むのは葉状の装飾を伴った美しい尖塔。てっぺんには大天使ミカエルが輝いています。

モンサンミッシェル聖堂の大天使ミカエル(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェル聖堂の大天使ミカエル(Photo by 朝比奈)

ゴシック建築ならではの美しさ。聖堂の補強のために造られた控え壁も圧巻でした。

モンサンミッシェル聖堂の控え壁(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェル聖堂の控え壁(Photo by 朝比奈)

修道院付属教会の正面にあるファサード。

モンサンミッシェル修道院付属教会のファサード(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェル修道院付属教会のファサード(Photo by 朝比奈)

教会の内陣はフランボワイヤン様式。1523年に完成したそうです。

修道院付属教会「内陣」(Photo by 朝比奈)
修道院付属教会「内陣」(Photo by 朝比奈)

モンサンミッシェル修道院の「騎士の間」

モンサンミッシェル修道院の騎士の間(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェル修道院の騎士の間(Photo by 朝比奈)

そしてこちらが先人の知恵ともいうべき元祖エレベーター。とても大きな滑車と極太のロープを用いて主に荷物の運搬が行なわれ、6名がかりで動かしていたそうです。ただし、このチェーンでわかるように垂直かと思うほど傾斜が極めて急でした。そしてこのエレベーターの脇は遺体置き場としても使われていたといいますから、つまりは…人が亡くなり、腐敗臭がしてきたらすかさず下にポン…!?

元祖エレベーター。滑車で物資を運搬(Photo by 朝比奈)
元祖エレベーター。滑車で物資を運搬(Photo by 朝比奈)

また階段を下りてきます。幅の狭い坂道「グランド・リュ」に連なるお土産屋さんは、清水寺の参道をギュッと凝縮したかのような雰囲気です。

モンサンミッシェルの参道「グランド・リュ」(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルの参道「グランド・リュ」(Photo by 朝比奈)

カフェやレストランは奥に進むとこのようになっていることが多く、眺めもよくて気分も爽快です。

グランド・リュの裏手にあった眺めの良いカフェ(Photo by 朝比奈)
グランド・リュの裏手にあった眺めの良いカフェ(Photo by 朝比奈)

グランド・リュの出口に近いところにある赤いオーニングで知られる有名なレストランは、どのガイドブックにも必ず掲載されている「ラ・メール・プラール(La Mère Poulard)」。元祖ふわふわオムレツ・レストランとして超有名です。観光客で“ごった返している”と書きたいところですが、とても値が張るせいか決して混んではいません。

ラ・メール・プラール入口(Photo by 朝比奈)
ラ・メール・プラール入口(Photo by 朝比奈)

観光客からも良く見えるオープンスペースに調理用の大きなテーブルがあり、銅製の大きなボウルを前に男性2人がカランカンカン、カランカンカンと同じリズムで卵を泡立てていました。

カラン、カン、カンとリズミカルに卵をホイップ(Photo by 朝比奈)
カラン、カン、カンとリズミカルに卵をホイップ(Photo by 朝比奈)

オムレツはスフレ状で大きいです。本当にふわっふわ。付け合わせは好きに選べます。これにシードルを注文するのが王道だそうです。

ラ・メール・プラールのふわふわオムレツ(Photo by 朝比奈)
ラ・メール・プラールのふわふわオムレツ(Photo by 朝比奈)

ただしお値段は高いです。

やっぱり高めの値段設定ラメール・プラール(2018年7月撮影 by 朝比奈)
やっぱり高めの値段設定ラメール・プラール(2018年7月撮影 by 朝比奈)

そして、いつまでも写真撮影に夢中になっていると…オムレツはどんどんしぼんでいきます。これはもう、損得抜きに「ラ・メール・プラールに行って有名なふわふわオムレツを食べてきた」と言いたい人のためのレストラン ― そう割り切って食事する方が賢明です。「モンサンミッシェルといえばオムレツ」という名物ですから、実は島の内外で多くのレストランが同じ作り方でオムレツを提供しており、お値段も半分以下で頂けます!



そしてモンサンミッシェルはムール貝の名産地でもあります。9月が旬だといい、だいたい7月から翌年2月まではムール貝がどっさり獲れて白ワイン蒸しとなって提供されます。ビールやワインにもよく合いますよ。この通りボウル状の器に山盛りで提供されるので、シェアでも十分。間違って1人ずつが注文しないように!

モンサンミッシェルに来たらムール貝を食べなくっちゃ!(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルに来たらムール貝を食べなくっちゃ!(Photo by 朝比奈)

バラマキ用のお土産といえば、紙箱入りにせよ缶入りにせよ、とにかく容器にモンサンミッシェルの絵柄が描かれていることからレモンサブレが人気のようです。クッキー、サブレ、ガレットいずれもあり、チョコやキャラメルなどいろいろな味が揃っているようですが、やはり定番はレモンサブレだそうです。

また、日本の輸入食材店でフランス産のハーブソルトや岩塩を見かけることが増えていますよね。ゲランド塩をはじめ、フランスではお土産にお塩も人気です。

実は塩の名産地としても有名なフランス(Photo by 朝比奈)
実は塩の名産地としても有名なフランス(Photo by 朝比奈)

モンサンミッシェルの周囲は海で、まろやかなゲランド塩があれこれと加工されてお土産用に販売されていました。容器もきれいで誰からも喜ばれるお土産として人気だそうです。筆者はハーブソルトを6ユーロで買いました。ミル付きで中身の入れ替えが利きます。

モンサンミッシェルで買ったハーブ入りのゲランド塩(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルで買ったハーブ入りのゲランド塩(Photo by 朝比奈)

ところで、モンサンミッシェルを擁するノルマンディー地方の特産品のひとつにリンゴがあります。ただし、フルーツとして愛されている日本の丸くて大きな甘いリンゴを想像したらダメだそうです。あくまでも調理加工して頂くものらしく、そうしたリンゴを原材料としたジャムやシードルがあちこちで売られています。アルコールの度数はシードルが低く、カルバドスは高め。フルーティーなワインが好き、ジュースのようなワインなら飲めるという人にシードルは喜ばれるでしょう。

モンサンミッシェルで飲むシードルは格別(Photo by 朝比奈)
モンサンミッシェルで飲むシードルは格別(Photo by 朝比奈)

6回にわたりお届けしましたパリ~モンサンミッシェルの旅紀行、いかがでしたでしょうか。次回は、オーストラリアにも少しだけ足を延ばしたドイツ旅行の思い出をご紹介してみたいと思います。

■本記事の画像著作権はエトセトラ・ジャパンにあります。画像を使用されたい場合はお問い合わせください。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<世界旅紀行>『フランス』その5 一生に1度は訪れたいモンサンミッシェル(前半)
<世界旅紀行>『フランス』その4 パリ市内の観光あれこれ
<世界旅紀行>『フランス』その3 ~これだけは見ておきたい編~ ルーブル美術館とオルセー美術館 
<世界旅紀行>『フランス』その2  ルーブル美術館 オルセー美術館 セーヌ川ディナークルーズ
<世界旅紀行>『フランス』その1 心地よい初夏のパリからヴェルサイユ宮殿へ


この記事をシェアする