セレーナ・ゴメスが病気と精神的問題に苦しむなか、ジャスティンは罪悪感に苛まれるように

この記事をシェアする
酷い罪悪感に苛まれる日々…。
酷い罪悪感に苛まれる日々…。

昨年腎臓の移植手術を受けたセレーナ・ゴメスの体調が、「自宅での生活は無理」と医師が入院を勧めるほど悪化。短期間に2度も入院を余儀なくされたセレーナは精神的バランスを崩し、ついには精神面をケアしてくれる専門施設に入所したという。そんな中、セレーナとはすでに連絡を絶っていたという元恋人ジャスティン・ビーバーはショックでボロボロ。今の彼を苦しめているのは、耐え難い後悔と罪悪感だという。



セレーナ・ゴメスの心身不調のニュースが一気に広まった後、「すでにヘイリー・ボールドウィンと結婚しているのでは?」と噂されるジャスティン・ビーバーの様子が明らかに変わった。まっすぐに立つのも辛そうにし友人に支えられ、車中では両手で顔を覆い涙を見せる事も。今の彼の表情は、あまりにも暗い。

心身ともに不調のセレーナ・ゴメス。
心身ともに不調のセレーナ・ゴメス。

そんなジャスティンにつき、情報筋らは『E!News』の取材に応じ「ジャスティンは混乱しているのです」と伝え、以下のように語ったという。

「ジャスティンとセレーナには、一緒に精神的な苦しみを味わった過去があるのです。それを通じ絆を強くしたのも事実です。」

「ジャスティンは後悔しているんです。もう連絡は取り合っていませんが、セレーナに関するニュースを知って動揺もしています。そして罪悪感に苛まれている状態でもありますね。」

「セレーナには本当に幸せになってほしいと望んでいますし、体調が悪いことを知ってひどく動揺していますよ。」



そんなジャスティンに寄り添うことしかできぬヘイリー・ボールドウィンは、一部悪質なSNSユーザーの書き込みにどれほど苦しんでいることか。ただ幸せになりたかっただけのヘイリーは酷い書き込みに日々耐えながらも、悲しそうな顔でジャスティンに付き添い移動する姿も撮られている。

苦しむジャスティンを支えるヘイリー。
苦しむジャスティンを支えるヘイリー。



中にはセレーナが回復しないことを願うという趣旨の書き込みもあるが、インスタグラムやTwitterへの悪質な書き込みにより、警察が介入することもあると知っておくべきである。多くの人々がジャスティン、そしてセレーナを心配しているが、今回「自分はどう動けばいいのか」と困惑しているのは、ヘイリーも同じなのだ。3人それぞれが心身ともに健康に、そしてハッピーに暮らせる日が、1日も早く訪れますように。

参照:『E!News』Why Justin Bieber Feels “Conflicted and Confused” as Selena Gomez Continues Mental Health Treatment

画像:
Facebook』Justin Bieber
Facebook』Selena Gomez
Facebook』Hailey Baldwin

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレーナ・ゴメス、白血球の数値低下に動転 精神病院で治療中と報じられる
セレーナ・ゴメス、人身売買撲滅運動に一役 元彼ジャスティンに共通する善意とは?
セレーナ・ゴメス 「精神的動揺の一因にジャスティンの婚約報道」と悲しい証言も
ジャスティン・ビーバー 精神的不安定になり施設に入ったセレーナに深く同情
ジャスティン・ビーバー、セレーナの心身不調に打撃 ヘイリー・ボールドウィンは批判の的に…

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan



この記事をシェアする