シンディ・クロフォードの長女17歳 タトゥーは自分へのトリビュート

この記事をシェアする
カイアの上腕部内側に彫られたタトゥーは…? 
カイアの上腕部内側に彫られたタトゥーは…? 

このほど元祖スーパーモデル、シンディ・クロフォードの愛娘カイア・ガーバーがこちらの写真をインスタグラムにアップした。その腕の内側に彫られたタトゥーをよく見ると、それは彼女自身のミドル・ネーム - 彼女の本名は、「Kaia Jordan Gerber」なのである。ちなみに彼女の兄プレスリーもタトゥーを入れているが、彼の腕に彫られている名は…。



カイア・ガーバーと同じくモデルデビューも果たしている兄のプレスリーもタトゥーを彫り込んでいるが、うちひとつが大好きな妹の名「Kaia」であるのは有名な話である。よってカイアがタトゥーを入れたという情報を受け複数のメディアは「お返しに兄の名を彫り込んだか」と推測したが、このほどカイアがインスタグラムにアップした1枚目の写真を見る限り、彼女の片腕の内側には「Presley」ならぬ「Jordan」という名が彫られているようだ。

モデルのタトゥーを嫌うエージェントも。
モデルのタトゥーを嫌うエージェントも。

ちなみにモデル、そして女優として有名なカーラ・デルヴィーニュは大のタトゥー好きで、過去にはモデル事務所のお偉いさんに「コレはイカン!」と叱られ激突したと報じられた。様々な服を着こなさねばならぬモデル業ゆえ、肌の露出が多い服の場合「やはり見る者の印象もそれなりに変わってしまう」というのが事務所側の考えなのだ。しかしカイアのタトゥーは上腕部の内側。この程度であれば特に問題はないのだろうが、タトゥーはハマる人はハマる。ジャスティン・ビーバー、マイリー・サイラス&兄、デヴィッド・ベッカムもその例だが、その一方でタトゥーを彫り入れたことを悔い、消去すべくクリニックに通うセレブ達も多い。



彫るよりも消す方が大変というタトゥー。最近では手術などで残った傷跡を美しいデザインのタトゥーで覆うアーティストも増え「素晴らしい試みである」という話題もよく耳にするようになった。一方でタトゥーのインクが将来的に健康に与える影響を調べる研究者も増えていること、またタトゥーの場所によっては将来の就職先に制限が必ずや出るといったネガティブな点を指摘する声も多く、アメリカにも慎重派は決して少なくはない。

それにしてもこの兄妹の強い絆には驚くばかり - もし自分の兄が「お~い、お前の名前をタトゥーにして彫って来たよ、ほら」などと言ってこようものなら、卒倒しそうである。

参照:『Page Six』Kaia Gerber’s first tattoo is a tribute to herself

画像:『Instagram』kaiagerber

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
売れっ子モデル、カイア・ガーバー赤ちゃん当時はこんな顔! 母シンディ・クロフォードが公開
シンディ・クロフォードの長女17歳に 美貌&美ボディに驚きの声とため息
ミランダ・カーは女性のお手本 素晴らしい:生き方に多くの女性が共感
ミランダ・カーも“キリンの赤ちゃんポーズ” これでインスタ映えする美ボディに
<セレブ★激似でSHOW>ベラ・ハディッド(モデル)&カーラ・ブルーニ(ニコラ・サルコジの妻)